Masahisa Column

白く輝く歯へ ~ホワイトニング ②~

Posted by:

こんにちは、政久歯科醫院 歯科衛生士 林です。
青葉が茂る頃の空を「青葉空」というそうです。生き生きとした木々の青葉越しに見える空を見上げて深呼吸すると、心も身体もリフレッシュ。梅雨入り前の緑輝くこの季節が大好きです。

さて、前回はオフィスホワイトニングのお話でしたので、今日はホームホワイトニングについてお話致します。

オパールエッセンス

オパールエッセンス

政久歯科醫院のホームホワイトニングは米国ウルトラデント社の「オパールエッセンス」を使用しております。「オパールエッセンス」のホワイトニングジェルは過酸化尿素を主成分とした、世界的に高い実績とシェアを誇るホワイトニング薬剤です。アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration; FDA)・歯科医師会でもその安全性が認められています。
ご自宅でセルフ施術する「ホームホワイトニング」も、当院が万全の体制で指導・サポートいたしますので、安心してご利用いただけます。ホームホワイトニングは歯科医院で作成したマウスピースと薬剤を使って自宅で、お好きな時間に行えます。

オパールエッセンスの特徴

☆粘度が高く、ピッタリ歯面に滞留し、マウスピースから溢れ出にくいため、着用時の不快感がない。

☆自分の歯並びに応じて薬剤を塗布できる。(自分の歯の形にあったマウスピースを装着するため)

☆ジェルの濃度を10%・15%・20%・(35%)と自由に選ぶことができ、個人差に対応しやすい。

☆マウスピース内の1本1本の歯型に米粒大のジェルを注入するため、知覚過敏が出る歯への薬剤の塗布を避けられる。

☆知覚過敏が出る人は低い濃度で時間をかけて、ホワイトニングを行える。

☆様々な要因による歯の変色(先天性・薬理性等)を効果的に取り除くことができる。

☆白さが長持ちする。

「ホームホワイトニング」の流れ

① 口腔内のチェック・治療

ホワイトニングは、口腔内にトラブルのない状態で知覚過敏が出る歯への薬剤の塗布を避けられます。
まずは施術前に口腔内を入念に診査して、虫歯や歯周病をチェック、歯石除去などを行います。
まずは口腔内トラブルを解決しましょう。ホワイトニング前の治療についても歯科衛生士が丁寧に説明させて頂きますので、安心してお任せください。

② カウンセリング

「オパールエッセンス」の使用方法、ホワイトニング時の食事制限、歯磨きなどについてご説明いたします。
気になることがあれば、お気軽にご相談ください。カウンセリングの前でも結構です。

③ マウスピースの作成

マウスピースの作成

歯型をとり、ホームホワイトニングに必要なマウスピースを作成します。
マウスピースが完成するまで1週間ほどの時間がかかります。

④ ホームホワイトニング方法のレクチャー

ホームホワイトニング方法のレクチャー

マウスピース完成後に再びご来院いただき、ご自宅での「オパールエッセンス」薬剤の使用方法、マウスピースのお手入れ方法について、詳しくご説明いたします。

⑤ ご自宅でのホワイトニング施術

ご自宅でのホワイトニング施術

お持ち帰りいただいた薬剤とマウスピースを使い、ご自宅でホワイトニングを行います。マウスピースに塗る「オパールエッセンス」はジェルの濃度により装着時間が違います。

装着時間の目安としては、

10% 8~10時間
15% 4~6時間
20% 1~2時間
35% 30分

となっております。

⑥ 歯科醫院でのチェック

1ヶ月後にご来院いただき、歯の状態やマウスピースの状態をチェックいたします。
ホームホワイトニングの途中でも、何かご不安等がございましたら、お電話にてご相談ください。

 


 

ホワイトニングでの注意事項

歯磨き

ホワイトニング後も、いつも通り歯磨きをしていただいて大丈夫です。
ただし、施術の直後は歯の表面が粗造になっていますので、研磨剤の入っていないハミガキ粉がオススメです。
ホワイトニング後に適した歯磨き方法(ハミガキ粉の選択など)については、お気軽にご相談ください。

食 事

ホワイトニング後も、いつも通り食事をしていただいて大丈夫です。ただし、施術直後は以下の食べ物・飲み物を摂取されないようご注意ください。

24時間以内(酸性のもの)

果汁100%ジュース炭酸飲料スポーツドリンクビールワイン缶チューハイ日本酒ウィスキー柑橘系の果物梅干しヨーグルトドレッシング など

48時間以内(着色しやすいもの)

コーヒー紅茶カレーミートソースたばこ など

白さの持続期間

ホワイトニングで白くなった歯も、日常生活のなかでステイン(歯の着色汚れ、飲食物に含まれるタンニン・タバコのヤニなどが歯の表面に付着したもの)や歯石の沈着は避けることができません。従って、ホワイトニングの白さは永続するものではありません。それは「オパールエッセンス」以外のホワイトニングでも同じです。

白さの持続期間は個人差がありますが、長期間維持するためには、着色しやすい食べ物・飲み物をとらないこと、メンテナンス性の高い歯磨きをすることをお勧めします。

白さを維持するには追加ホワイトニングが必要になります。目安は以下の通りです。

オフィスホワイトニング:3~6ヶ月後(ホームホワイトニングと比較すると持続期間が短い傾向があります)
ホームホワイトニング:1年に1度

ホワイトニングの効果は非常に安定性がありますが、個人個人の飲食物や生活習慣によって左右されます。定期的にメンテナンスを行って頂くことをおすすめします。

 

政久歯科醫院の審美歯科・ホワイトニングについてはコチラをご覧ください。

0
  Related Posts
  • No related posts found.