Archive for 9月, 2017

骨粗しょう症でもインプラントはできますか?

Posted by:

骨粗しょう症でもインプラント治療は可能

骨粗しょう症に罹患していると骨密度が低下しますが、インプラント治療への影響は少ないとされており、骨粗しょう症でもインプラント治療は可能です。きちんと骨の状態を検査し、適切な治療を行うことで十分に可能です。

骨の量が少ない場合でも骨を移植したり、再生させる治療法もあります。

ビスフォスフォネート製剤を使用されている場合

骨粗しょう症の治療のために服用している薬がビスフォスフォネート製剤の場合、用量,服用期間によってはインプラントと骨との結合に影響し、治療の成功率が下がる可能性があります。ビスフォスフォネート製剤は、骨の代謝を止め、骨が溶けるのを防ぐ反面、骨の治癒を妨げます。ビスフォスフォネート製剤を使用されている方は、インプラント治療に限らず、抜歯等の外科的治療後、わずかではありますが骨の壊死などによる予後不良があるとされています。

骨粗しょう症の治療中にインプラント治療をご希望の場合

歯科医師が骨粗しょう症の治療の主治医と連携を取り、インプラント治療のための休薬等の相談をしながら、安全な治療計画を立てることが大切です。

インプラント治療についてのお問い合わせは 086-234-5255 まで

 

0

インプラントは何歳までできますか?

Posted by:

インプラント治療に何歳までという制限はありません。

しかし年齢とともに治癒能力が若年者と比較して低くなり、また健康状態も 個人差が大きく,単純に年齢で患者がインプラント治療の適応であるか,非適応であるか は判断できません。

高齢による年齢制限はありませんが、インプラント治療のリスクとなる全身疾患がないことなど総合的に判断した上でということになります。また、インプラント後のメンテナンスを継続して行うことが必要となります。

政久歯科醫院のインプラント治療はコチラをご覧ください。

0

歯周病から身体を守るために今日からできること

Posted by:

全身の健康を脅かす「歯周病」

痛みもなく発症する歯周病の恐ろしさ

歯周病とは、歯や歯茎の境目の歯垢(プラーク)の中の歯周病菌が歯茎にダメージを与え、歯を支える骨(歯槽骨)を破壊して、最終的には歯が抜けてしまうことがある病気で、成人の80%以上が罹患しているといわれる「国民病」です。

その影響は、肺炎や動脈硬化、糖尿病、低体重児出産・早産、メタリックシンドローム、認知症と全身に及びます。

口腔環境を改善することで不調が緩和するケースが報告されています

続きを読む →

0

おめでとう!

Posted by:

こんにちは、デンタルケアセンター政久歯科醫院 院長の政久です。

黄金色に実った稲穂の上を秋風が吹き渡る好季節を迎えておりますが、夏の疲れと寒暖差で体調を崩しておられませんか?季節の変わり目は心身の不調が表れやすい時、心と身体に栄養をしっかり取ることを心掛け、お気を付けてお過ごしください。

さて、本日は嬉しいお知らせが一つあります。当院スタッフの歯科衛生士 TAGIが9月13日、無事元気な第二子男児出産しました。切迫早産で長期安静状態を経ての大安産でした。ご心配頂いておりました皆様、ありがとうございます。 続きを読む →

0

口とは

Posted by:

 全ての歯は

他の臓器と同じく

生涯とともにあるのだ

 

口とは・・・

口は人間にとってすばらしいものだ。

それは人間の情緒においても、日々の生活にとっても、

また人の美しさにとっても・・・。

口 ―― それは、

今まさに私が生きていることを表わしている。

もし動物が歯を失った時、その動物の死を意味する。

歯を失ったとき彼らは生き続けることが不可能であり、

その生は終わりを告げ、やがて彼らは死んでいく。

人間にとって、口は会話を楽しみ、愛を語り、

しあわせ、よろこび、怒り、 悲しみを表わす。

口は愛情の入り口であり、食べ物をとり、生き、

そうして人間は栄えていく。

だからこそ、口はどんな犠牲を払おうとも、

十分な注意と管理を受けるだけの

価値を持っている。

 
 
Dr. ハロルドワース

 

このDr.ハロルド・ワースの詩が表す通り、お口は人が健やかで豊かな人生を

送る上で欠くことの出来ない器官です。

お口の健康を守ることは、心身の健康と豊かな人生を守るということ。

そして、それこそが歯科医療が果たすべき使命だと思います。

歯は老化で失われるのではありません。

身体の他の臓器と同じように一生涯、命を共にするのです。

 

お口の健康を守ることには大きな大きな価値があります。

どうぞ十分な注意と管理をお受けになってください。

予防歯科は、健やかで幸せな人生に必要不可欠なものです。

 

予防歯科が創る「美」と「健康」

~まずはお口の定期健診から~

歯科健診・メインテナンス・クリーニング等の予防歯科に関するお問い合わせは

086-234-5255まで

メールによるお問い合わせはコチラから承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

0

10月14日(土)は矯正相談日です。

Posted by:

あきらめないで、まずはご相談ください!

長い間、歯並びの悪さにコンプレックスを抱えたまま大人になられた方がとても多いことに驚きます。大人になると、あごの成長が止まり、歯並びが固定されます。子どもの矯正に比べて歯を動かすのは遅くなりますが、歯には本来力を加えられると動く性質があるため、矯正装置を装着することで、正常な位置に移動させることができます。

歯並びの状態や選択する装置により、個人差が大きく出ますが、1年~3年間ほど矯正装置をつけ、定期的にチェックに通って頂きます。さらに、歯が戻るのを防ぐために、リテーナーという保定装置をつける期間も必要となります。

矯正している期間は、装置装着や今まで以上のケアを必要とするので、わずらわしい点も多いですが、綺麗な歯並びを得ることは、見た目はもちろんですが、虫歯や歯周病のリスクが減少し、さらには、肩こり、歯ぎしり、頭痛、いびきなど、体の不調が改善されることも珍しくありません。

患者様の「矯正してよかった」という言葉を励みに、また、装置をはずした時の患者様の笑顔にやりがいを感じ、最適で最新の技術を提供しております。是非矯正治療への一歩を踏み出してみませんか?

当院の矯正治療についてはコチラをご覧ください。

矯正に関する相談はお問合せフォームからメールで、

あるいは086-234-5255までお電話をお願いいたします。

 

お子様の矯正相談・セカンドオピニオン・歯科健診も承っております。
お気軽にお問合せください。

0

欧米人の歯は美しい!!

Posted by:

こんにちは、デンタルケアセンター政久歯科醫院 院長の政久です。朝夕、すっかり秋めいてまいりましたが、皆様、お元気でいらっしゃいますか。

古人は春に「花見」をするように、秋には「虫聞き」という風情あることを楽しんだそうです。夕暮れ時に虫の声に耳を傾けながら、野山に集ったり散策したりしたのだそうです。

夏の疲れを感じる頃、美しく輝く月夜の下で魂を浄化するとともに「虫聞き」などして秋の風情を楽しみ、心身を癒してみられてはいかがでしょうか。

さて、今日は欧米人の歯に対する意識の高さについてお話しましょう。

先日当院にオーストリア出身の30代のご夫婦が歯科健診ご希望ということでご来院されました。 続きを読む →

0

妊娠中に歯の治療は可能ですか?

Posted by:

妊娠中も歯科治療できます。

妊娠中の歯科治療で一番に心配になるのが、レントゲン検査や麻酔、投薬ではないでしょうか。基本的に、妊娠中にレントゲン検査を受けても、胎内の赤ちゃんへの被ばくの影響はほとんどないとされています。また、歯科治療で使用される局所麻酔は患部周辺にしか停滞しないため、赤ちゃんに影響がおよぶことはないとされています。お薬については、妊娠中に使用できないものがありますので注意が必要ですが、赤ちゃんへの悪影響が報告されていない安全なお薬が処方されますのでご安心ください。虫歯治療や歯周病治療のような一般的なものであれば、妊娠中でも歯科治療は可能です。治療の時期についてや、特別な治療(親知らずの抜歯など)で妊娠、授乳期を避けた方が良い場合もありますので、歯科医師とよく相談のうえ進めることが大切です。 続きを読む →

0