目指すは、世界最高レベルの治療技術

〜 すべては患者様の笑顔のために 〜

 

政久歯科醫院 院長

政 久 直 紀

1964年生まれ
広島大学歯学部歯学科卒業後
医療法人森本歯科医院
医療法人明生会歯科診療所院長を経て
2003年3月政久デンタルオフィス開業
2016年4月、シンフォニービル2Fにて
政久歯科醫院を移転開院し
現在に至る

政久直紀

仕事への誇りとこだわり

的確な診断と治療の質にこだわり
最善の治療を提供するための努力は惜しみません。
患者さんの笑顔こそ、私の喜びであり、原動力です。

十数年前、あるご高齢の患者様が天寿を全うされた際、ご家族の方がこんな話をしてくださいました。

「母は『今月は政久先生の所へ何を着て行こうか?』とメインテナンスの日を楽しみにしていたんですよ。『政久先生に出会えて、良かったわぁ。』が母の口癖で。月に一度、政久先生やスタッフの皆さんに会えるのが嬉しいらしく、お洒落をして出掛けていました。母娘で一緒にランチをして、デパートで買い物をして帰るのが定番でした。母はその日が一番幸せそうでした。」

現在、当院にはそのような患者様がたくさんおられます。治療を終えられた後、ご夫婦、ご友人、親子で連れ立って定期検診やメンテナンスにご来院されます。遠方からご来院くださる方も多くいらっしゃいます。

お痛みや、お悩みのない方にお会いできることは、とてもうれしいことです。人間にとっての基本的な願い。健康で、美味しく食事ができること。自分らしく話したり、笑ったりでき、コミュニケーションがとれること。

歯科医にできることなど、たかが知れていると思っておりましたが、私の歯科治療が、患者様の幸せに通じる大きな役割を担っていると実感しつつ、定期検診及びメンテナンスを通じて、お口の健康から全身の健康を見守ることができることを、とても幸せに思います。

歯科医がどんなレベルで、どんな仕事をしたかは、治療した患者様のお口の中に証拠が残ります。

そして、歯科医がどんな思いで患者様と関わってきたかは、治療した患者様の心の中に証拠が残ります。

ゆえに常に学び続け、一人一人の患者様と丁寧に向き合い、根拠に基づいた的確な判断と上質な治療を提供することを何より大切にしております。目に見えない部分での妥協を許さないこだわりと、患者様の幸せな人生に貢献したいという思いこそが、私の歯科医としての在り方を支えているのです。