Masahisa Column

歯科医院の香りと記憶

Posted by:

10月は週末ごとの雨天に折角の行楽の予定を阻まれることが多かったのではないでしょうか。

11月、晴天に映える山々の錦秋の装いが見事な季節、自然を愛で、心晴れやかにお過ごしください。

 

さて、皆様は歯科医院の香り(というか匂い)というとどんなものを思い浮かべますか?

歯科医院には独特の匂いがあり、それが苦手だという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

嗅覚は視覚や聴覚に比べると、記憶を呼び起こす作用が強いようです。

私の記憶にある歯科医院といえば、キーンという歯を削る嫌な音と

ツーンと鼻をつく薬剤や歯を削るときに出る匂い、

消毒液やアルコールランプの炎などの匂いが混ぜ合わさったような

独特の匂いの中での緊張と恐怖と痛み。

あの独特の匂いのせいで「歯医者は痛くて怖いところ」と

記憶に刷り込まれていたのかもしれません。

最近は、綺麗な歯科医院が増え、そんな不気味な匂いもしないので(おそらく)

歯科医院を怖がる子どもさんは少ないのではないでしょうか。

子ども時代に刷り込まれた、歯科医院の不気味な匂いの記憶が

大人世代を「歯科医院は行きたくないところ」

「痛くなったら仕方なく行くところ」と

認識させているのかもしれません。

時代とともに

人も、環境も、考え方やニーズも変化や進化を続けます。

歯科医院の在り方も時代とともに変わってきています。

治療から予防へ。

これまでは「痛いところを削って詰める」

「無くなったところに歯を入れる」という治療のために歯科医院へ。

これからは、「痛くなる前に」「失わないように」

「美と健康を維持する」という予防のために歯科医院へ。

それがスタンダードになってゆくことでしょう。

そんな中で歯科医院の香りの記憶も全く違ったものに

なってくるはずです。

デンタルケアセンター政久歯科醫院は、

治療だけを目的にしている歯科医院ではありません。

治療や予防を通して、患者様が自分らしく生きてゆく

人生に寄り添っていける歯科医院でありたいとの

思いがあります。

 

癒しと希望を感じさせる上質な歯科醫院

美しく清潔な環境と最先端の設備

十分な説明と優しい対応

正確な診断と精密で安全な治療と予防管理

政久歯科醫院はこれらを徹底している歯科医院であるために、

こだわりをもって、いろいろな努力と改善を重ねております。

「上質」とは表現しにくいもの。

患者様に、癒しや喜び、未来への希望を感じて頂き、

その香りとともに記憶に残る歯科医院を目指したいと思います。

 

予防歯科が創る「美」と「健康」

~まずはお口の定期健診から~

予防歯科で美と健康を守ることは もはや教養の一部。

歯が痛くなってから、歯を失ってから、歯科医院に行くのではなく、

治療を受ける必要のない口腔を維持することで、

美しく、健やかに、自信をもって生きてゆくために

予防歯科に通うという考え方を一人でも多くの方に

持っていただきたいと思います。

歯科健診・メインテナンス・クリーニング等の予防歯科に関するお問い合わせは

086-234-5255まで

メールによるお問い合わせはコチラから承っております。

 お問い合わせの多いデンタルケアセンター政久歯科醫院の香り

   ROSSO NOBILE <ロッソ ノービレ>

   OUD NOBILE<ウード・ノービレ>

 岡山でのお取り扱い店舗

   dessin

   Omotecho Style Store by TOMIYA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0