インプラント治療

リフト後

~人工骨を移植してのインプラント~

当院の患者である奥様のご紹介で、インプラントをご希望されてのご来院。
インプラントは埋入したときにしっかりと骨で固定されていることが大原則ですので、歯槽骨が薄い場合、そのままではインプラントを埋入できません。この患者さんのケースでは、骨の厚みがソケットリフトによるインプラント埋入が可能であると診断し、この方法で治療を行いました。
ソケットリフトは専用の器具を用いて歯槽骨に穴をあけ、人工骨移植を行い、インプラントのフィクスチャ―(ネジ部)を埋入します。骨の移植と同時にインプラントを入れることができますので、時間の短縮ができ、身体への負担が少ないという利点があります。