矯正歯科治療

施術前

施術後

主訴: 歯の喪失後、全体として歯列が乱れたような気がする。
治療内容: 上下顎とも矯正治療にて歯列を拡大し叢生(凸凹)を改善し、本来の歯列弓形態に戻しました。
下顎左側の欠損部は、矯正治療ですき間を閉鎖しました。
上顎前歯部、下顎臼歯部などは、審美と機能を考え補綴治療を行いました。