矯正歯科治療

施術前

施術後

主訴: 上下顎前歯の正中のズレが気になる。
開閉口時に、顎関節部で音が聞こえて気になる。
診断: 機能的交叉咬合
治療内容: 上下顎前歯正中のズレは、上顎の歯列弓が狭いために、下顎をずらして噛もうとしたことが原因でした。
成長期に顎の偏位を放置すると、骨格的な顎の変位に移行しやすいです。
混合歯列期に上顎を拡大し、第二大臼歯の萌出を待って仕上げの治療を行いました。