予防歯科

予防歯科が創る「美」と「健康」

Posted by:

予防歯科が創る「美」と「健康」

21世紀は、健康も美しさも自らコントロールする時代です。

どんな卓越した歯科治療も、丁寧にプログラミングされた予防歯科には勝てません。

21世紀のグローバルスタンダード。

いつまでも美しく、健康に生きるために予防歯科へ通うという新しい価値。

上質な人生は聡明な選択から始まります。

その聡明な選択があなたにもたらす本当の価値を知っているのは未来のあなただけ・・・

 

まずは、お口の定期健診からはじめてみませんか?

 

定期健診のご予約はコチラからどうぞ

0

つまようじ法 V7

Posted by:

きちんと歯みがきできていますか?

虫歯や歯周病を予防するために、毎日の歯磨きが欠かせません。
歯磨きでネバネバしたプラークを除去することが目的ですが、
普通どんなによく磨けたと思っていても20~30%程度しか除去出来ていません。

そこで定期的なプロフェッショナルケアを受けることがとても大切な習慣なのです。

歯磨き(ブラッシング)は「プロフェッショナルからの適切な指導があってはじめて成果が出るもの」です。

 つまようじ法 V7歯ブラシ

「つまようじ法」という歯磨き法をご存知ですか?

つまようじ法は 元岡山大学名誉教授の渡邉達夫先生により考案された歯磨き法で、
V7という専用の歯ブラシを使用します。
歯周病の予防、改善に効果のある歯磨き法です。
当院では「つまようじ法」を用いた歯周病ケア、ブラッシング指導も行っております。
「つまようじ法」は正しく行えば、歯肉炎、歯周病に大変効果的なブラッシング法ですが、
我流・独学では効果が出ないばかりか、歯茎を傷めてしまうこともありますので、
専門家による指導が必要です。
また、「つまようじ法」が全ての方に適しているかどうかは定かではありません。

歯科医師による正しい診断、歯科衛生士による適切な指導の下に行うことが大切です。

「つまようじ法」歯ブラシV7でのブラッシング法はコチラをご覧ください。

政久歯科醫院の予防歯科

問題のあるお口の状態を解決できていないまま、ただ歯科医院にメンテナンスに行き、
ブラッシングだけをしていても意味がありません。

虫歯や歯周病になるには原因があります。
歯科医院に定期的にメンテナンスに通っていても、
生活習慣や毎日のセルフケアを怠れば、病気は再発しやすく、
健康な口腔の状態を維持することは困難です。

予防は「治療の必要のない健康な口腔の状態」あるいは
「きちんと治療された口腔の状態」を維持管理するために
計画的に行われなければなりません。
歯科医院においては以下のことがきちんと的確に行われることが重要です。

□ 原因除去治療が行われたか?

□ 歯周精密検査(X線検査・歯周ポケット測定・動揺度の検査)は?

□ 噛み合わせのチェックは?

□ 生活習慣のチェックは?

□ ブラッシング指導は?

□ クリーニングは?

そして、患者様ご自身による日々のデンタルケアの充実があってこそ、
お口の健康は維持できます。
私たち歯科衛生士は、プロフェッショナルケアにより、
お口をきれいな状態にすることはもちろんのこと、
患者様が普段の生活においてもきちんとした生活習慣や
正しいブラッシングができるようにお伝えし、
実践できるようご指導して、お口の健康を守ることが使命です。

予防歯科が導く美と健康

デンタルケアセンター政久歯科醫院では、お口全体の丁寧な診査、正確な診断、十分な説明を大切に考えております。患者様のご要望を十分お伺いして、治療計画や予防計画を立てております。

予防歯科は総合歯科治療ができてこそのものです。

健康で幸せな毎日のためにワンランク上の「予防歯科」に通うという聡明な選択をなさってください!!

歯科健診、マウスクリーニング、予防歯科に関するお問い合わせは

086-234-5255 までお気軽にどうぞ。

 

 

 

0

欧米人の歯は美しい!!

Posted by:

豪雨災害から1週間、うだるような暑さの中、

水害で廃棄せざるを得ない家具家財の撤去作業、

避難所での不自由な生活を余儀なくされている方々に

胸もふさがる思いでおります。

当たり前の日常こそが最も尊いもの。

当たり前に仕事ができることに感謝しつつ、

今日も目の前の患者様に真剣に向き合います。

 

さて、今日は欧米人の歯に対する意識の高さについてお話しましょう。

先日当院にオーストリア出身の30代のご夫婦が歯科健診ご希望ということでご来院されました。 続きを読む →

0

訪問口腔ケア

Posted by:

歯科衛生士によるお口のクリーニング(訪問口腔ケア)

ご自身で歯科医院に通院することができず、お困りの方!!

ご自宅・施設などへ伺い、歯科衛生士が口腔ケアを行います。

口腔ケアのメリット

  • 虫歯・歯周病などの歯科疾患を予防します。
  • 発熱や誤嚥性肺炎など全身感染症を予防します。
  • 食べる楽しみを維持し、低栄養を予防します。
  • 気持ちよさは心の健康につながります。
  • 全身の状態やQOL(生活の質)を高めます。

まずはご相談ください!

シンフォニービル2階デンタルケアセンター政久歯科醫院では訪問歯科口腔ケア(お口のクリーニング)のご依頼、ご相談を承っております。

訪問在宅口腔ケアは保険が適用されます。

またインプラントメンテナンス、自費で作られた入れ歯等の

メンテナンスのご相談も承っております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

予約・お問い合わせ・ご相談は

086-234-5255まで

お口の健康は全身の健康に通ずー口腔ケアで食べる喜び、話す幸せいつまでも

0

笑顔歯みがき♡

Posted by:

炎の講演家 鴨頭嘉人さん考案!

 笑顔歯みがき

『自分を変える

 ことによって

 どんどん未来を
 
 切り拓いていく』

具体的なアクションを

伝えている鴨頭嘉人さん。

現在、最もパワフルで影響力のある優れた講演家の一人です。

そんな彼が考案した最もハッピーな

自分を変える方法。

彼の伝える力を借りなければ、

この画期的な習慣を

伝えることができないので、

メルマガをそのまま引用しています。

 

以下、彼の鴨メールより。

 

 

【自分を変える】

これほど、
本質的な取り組みは

他にはありません!!

 

【自分を自分の
 思った通りに変える】

これが、出来れば…

【人生を
 思い通りに変える】

と、ほぼ同じ効果が
得られます!!

それほど

凄い技術
なんです*(^o^)/*

でも…

「その自分を

 変えるが

 一番難しい
 んだよ〜。」

そんな声が

聞こえてきます…。

 

でもあるんです!!

シンプルで具体的な

【自分を変える技術】

そんな魔法のような
技術が!!!!!

それは…

 

【笑顔の力】

 

 

この世で最も優れた

自分を変える技術…

 

【笑顔の力】を

活用しよう!!

 

っていうメッセージを
めっちゃ伝えてます。

 

 

笑顔って

すごいんです!!

 

 

笑顔がなぜ
すごいのかというと、

周りの人に好かれる…

人にエネルギーを
与えられる…

といった

周囲に対する影響力も

絶大なんですが…

 

それよりも何よりも

笑顔は…

 

本人

 

自分に、
もの凄く大きな
作用をします!!

 

本当に

もの凄く
大きいんです!!

 

なぜそんな

大きな作用が起きるか?

 

その謎は

人間の脳の仕組みに
理由があります。

 

実は人間の脳と心は

99.99%以上の確率で
ほぼ同じであろう
ということが、

脳科学の世界では
ほぼ証明
されているんです。

 

 

例えば、

脳がものすごく
 『快適』 な状態で

気持ちだけは落ち込む

っていうのは
人間は出来ない
らしいんです。

 

 

逆に脳が 『不快』

ものすごく
辛い状態なのに…

心がウッキウキ
っていうことは
起きない。

 

つまり、

脳が快の状態は
心は幸せ♡

脳が不快な状態のときは
心は不幸感を
味わっている。

 

だから、
脳と心は
ほぼ同じであろうと
言われています。

 

 

それでも、
抵抗感があるならば

『脳と心は
 繋がっている』

ならばイメージ
しやすいでしょう。

 

 

そもそも
『心』は見えないもの。

それに対して
『脳』は臓器なので、

どちらが正確に
人の状態を
表しているかというと、

臓器である
『脳』の方が正確に
その状態を
表しているといえます。

 

 

では、
脳はどうやって

快楽・幸せを
感じるかというと、

 

これは…

ホルモンです(^_−)−☆

 

 

脳の中に流れる
ホルモンの中で

快楽のホルモンで
代表的なのは
2つあります。

 

 

1つは、
ドーパミンです。

ドーパミンは
いわゆる幸福ホルモン
と呼ばれていて、

「嬉しい!楽しい♬
 幸せだなぁ♡」

というような
プラスの幸せを感じるのは
脳の中にドーパミンが
流れているときなんです。

 

そのときに
人は心で幸せだなって
感じるように
なっている(^_−)−☆

 

つまり、
脳の中に
ドーパミンを流せば、

人は幸せにしか
なれないんです*(^o^)/*

 

 

 

そして、
もう1つのホルモンが
βエンドルフィンです。

 

これは、
鎮静作用といって、
痛みを和らげる
ホルモンです。

マイナスを限りなく
ゼロに持っていく
ホルモンです。

 

つまり、
このβエンドルフィンと
ドーパミンを流すことを
コントロールできれば、

【 どんな不幸からでも、
   必ず幸せまで
 持って行ける】

っていうことなんです。

 

 

そして、
このβエンドルフィンと

ドーパミンを
脳の中に流す方法は…

心からでは
コントロールできない。

 

辛いとき
悲しいときに
心の中で、

「幸せになれ〜」

って唱えても
変わらないですよね。

 

脳は臓器なので、
心から情報を受け取る力を
持っていないんです。

 

では、
臓器はどうやって
情報を受け取るか…

 

 

それは…

【 筋肉 】なんです。

 

臓器は

【筋肉からの情報】

が唯一の情報源。

 

つまり、
人間が笑う時に
必ずする筋肉運動…

『口角をあげる』

という表情筋を使った時に
脳は…

「この人笑った!」

という判断を
下しています。

 

 

つくり笑顔だろうが、

無理矢理だろうが、

そんな事は脳には
関係ないんです!!

 

手で口角を
無理矢理あげたとしても、

筋肉が動いたこと
によって…

脳は笑ったと判断し、

脳の中に幸せホルモンである
ドーパミンと
鎮静作用である
βエンドルフィンを
流してしまうんです*(^o^)/*

 

 

凄い*(^o^)/*

やった〜*(^o^)/*

素晴らしい*(^o^)/*

 

 

笑顔

口角をあげる

 

という行動を
たくさん取れば、

必ず痛みが和らぎ、
幸せを感じる機会や
時間が増える
ってコトです
*(^o^)/**(^o^)/**(^o^)/*

 

これは、

プログラムなんです(^_−)−☆

 

ならば…

笑顔の回数、
笑顔の時間を増やせば、

もうそれだけで
人は幸せなんです(^_−)−☆

それが
笑顔のすごさです!!

 

感情なんか
すっとばしてるくらい

笑顔の力は
すごいんです*(^o^)/*

 

 

 

だから、僕は

『笑顔の時間を
 増やそう!!』

というメッセージを
たくさんの人に
伝えていこうと思っています*(^o^)/*

 

 

 

そこで今日は

【 具体的な解決方法 】

までお知らせします。

 

それは、

笑顔の習慣です。

 

笑顔の習慣を作れば、

必ず人の脳は『 快 』

幸せになります(^_−)−☆

 

だから
 

「笑顔の習慣を
 作りましょう」

 

「とにかく毎日
 笑顔でいましょう」

と言って
できるくらいなら、

世の中に自己啓発セミナーは
いらないんです。

 

 

『わかっちゃいるけど
 できない…。』

これが習慣を変える
難しさです(≧∇≦)

 

 

でも、僕は
行動習慣の研究家が
友達にいて、

習慣づけの

「これが
 失敗する要因だ」

っていう要素を
教わったんです!!

 

 

 

 

それが

【プラスαで
 行おうとすること】

なんです。

 

例えば、

「毎朝15分
 笑顔の練習をする!」

 

 

 できません…。

 

 

いわゆるこれが
3日坊主の原因と
言われていて、

プラスαで
やることというのは
長く続かないんです。

 

 

じゃぁ、

どうやったら
習慣づけをできるか?

 

 

そのカギは…

 

【ついで】

にあります。

 

【ついで】とは、

『何かにくっつける』

ということです。

 

 

そして、
その何かというのは、

【無意識で
 既に行っている習慣】

その習慣に新しい習慣を
くっつけます(^_−)−☆

 

 

この【ついで】こそ!!

習慣づけに
最も効果的な
解決方法です*(^o^)/*

 

そこで、開発された

笑顔の習慣づけ…

 

超〜画期的な発明が…

 

 

笑顔歯みがき 

 

です*(^o^)/*

 

 

 

 

「あなたは歯みがきを
 毎日する
 タイプでしょうか?」

 

ほとんどの方が
毎日すると言います(笑)

 

「1日に1回だけする
 タイプですか?」

「それとも2回以上する
 タイプですか?」

 

ほとんどの方が
2回以上すると
言います(^_−)−☆

 

 

歯磨きの習慣は

既に習慣になっている
習慣です(^_−)−☆

 

そこに新しい習慣を
くっつけます*(^o^)/*

 

 

その必ず1日に2回する
歯みがきの時間に

笑顔を作るんです*(^o^)/*

 

 

 

 

こんな感じに
なりま〜す
*(^o^)/**(^o^)/**(^o^)/*

 

 

 

 

 

 

 

しかも、

「歯みがきを
 するときって
 目の前に
 何がありますか?」

 

はい!

鏡がありま〜す(^_−)−☆

 

なんてラッキー♡

 

自分の笑顔を

視覚情報で
確認出来ちゃいます*(^o^)/*

 

 

 

そして、

「歯みがきを
 しているときに、

 周りにいつも人がいて、

 その歯みがきの状態を
 見られている

 っていう人いますか?」

 

 

いないですよね(笑)

 

そう、
大体1人なんです(^_−)−☆

 

 

 

なんて!
ラッキー*(^o^)/*

 

つまり、

歯みがきの時間って…

目の前に鏡があって!

誰にも
見られていないんです!!

 

 

この瞬間に
笑顔で居ることに

なんのリスクが
あるでしょうか*(^o^)/*

 

 

 

時間も取られない!

自分で確認出来る!

人から見られて
恥ずかしいという
こともない(^_−)−☆

お金も1円も
かからない*(^o^)/*

 

 

サイコーな環境が
揃ってます(^_−)−☆

 

おめでとう
ございま〜す*(^o^)/*

 

 

 

どうせこの歯磨きの時間に

本を読んだり

電話で通話したり

メールに返信
している人はいない。

 

この時間は

ただ歯を磨いているだけ。

 

 

その空いてるスペースを

【 笑顔の習慣づくり 】

に使うとしたら
いかがでしょうか!!

 

これを毎日やるだけで、
1年365日、

730回以上笑顔の
習慣づくりを
やっているんです(^_−)−☆

 

 

表情筋が上にあがり、

幸せホルモン
流しまくり*(^o^)/*

 

 

しかも、

1日の始まりの
朝起きた時と!

1日の終わりで
寝る前に!

脳が幸せを
感じる毎日*(^o^)/*

 

さぁ、この人が

不幸に
なれるでしょうか?

 

・・・

無理なんです!!

 

 

臓器は
裏切りませんから*(^o^)/*

 

臓器さん!

ありがとう*(^o^)/*

 

 

 

この

 笑顔歯みがき 

だけで

自殺がなくなり…

戦争がなくなり…

自分を認められない
人間が生まれない…

そんな理想の社会が
創れるんじゃないかと思って
ワクワクしています(^_−)−☆

 

 

 

これから、

 笑顔歯みがき 

どんどん紹介していこうと
思っています(^_−)−☆

 

 

この鴨め〜るを
読んでいるような、

自分をよくしたい!

幸せを感じたい♬

ポジティブな毎日を
望んでいるみなさんは、

今日から必須ですっ!!

 

 

 笑顔歯みがき 

を全員で
取り組んでいきましょう*(^o^)/*

 

 

 

 

あ、

言い忘れてました(≧∇≦)

 

1つだけ、
この【笑顔歯みがき】には

リスクがあります…。

 

 

歯みがき粉を
多くつけすぎると…

 

歯磨き中に
服が汚れちゃいます(笑)

 

気をつけて
くださいね〜(^_−)−☆

鴨頭嘉人 鴨メールはコチラより

 

 

笑顔歯みがきの習慣

とても素晴らしいと感動!!

歯みがきが、人生の幸せにつながっていると

考えるだけで

ワクワクしてきませんか?

是非、密かな習慣に加え、

心身ともに明るい人生にしてゆきましょう♡

予防歯科が創る美と健康

歯みがき指導、メインテナンス、歯科健診等の

お問合せは

086-234-5255までお気軽に

メールでのお問い合わせはコチラまで

0

転居地でのインプラントメンテナンス

Posted by:

インプラントメンテナンス受けられていますか?

お口の中にインプラントが入っているけれど、

しばらく歯科医院でのメンテナンスを受けていない!!

という方はいらっしゃいませんか?

以前お住いだった地でインプラント治療を受けられ、

転居後、メンテンスを受けられていない方。

インプラント治療を長持ちさせるためには、

適切なメンテナンスが必要不可欠です。

転居された後も、転居先にてインプラントメンテナンスを

受けられる歯科医院をお探しになり、メンテナンスを

お受けください。

きちんとセルフケアとプロフェッショナルケアを続ければ、

インプラントは半永久的に第2の永久歯としてお口の健康を

支えてくれるありがたい存在です。

インプラント周囲炎

インプラントはチタン製のボルトを使った人工歯根ですので、虫歯になることはありません。

しかし、メンテナンスが不十分であると、「インプラント周囲炎」という病気に

なってしまうことがあります。

インプラント周囲炎は、ボルト部に細菌が感染することで症状が出始め、

天然歯の歯周病と同じように歯茎の腫れや出血、口臭などの症状が出ます。

インプラント周囲炎において、これらの自覚症状が出たときには

すでにインプラント周囲の骨の状態は吸収(溶けてなくなっている)が進んでいる

事が多くあります。最悪の場合、せっかくセットしていたインプラントを

取り除かなければならないケースもあります。

歯科医院でのインプラントメンテナンス

①視診によるチェック
 歯茎の腫れ、出血、排膿をチェックします。

②インプラント周囲のポケットの測定

③レントゲンやCTでの撮影
 必要に応じて、レントゲンの撮影、場合によってはCT撮影を行い、
インプラントを支える骨の状態を確認します。

④補綴物を固定しているネジの緩み、噛み合わせのチェック

⑤インプラントの専門的なクリーニング及び歯ブラシの当たり具合のチェック
 

 まとめ

インプラント治療は継続的なメンテナンスがとても大切です。

施術した歯科医院で継続して口腔内の管理、メンテナンスを受けることが

理想的ですが、転居された場合でもメンテナンスを継続することが

インプラント治療を長持ちさせるために必要不可欠です。

 

インプラントメンテナンス[IMPLANT]

インプラントは、天然歯と同等の咬み心地や、見た目を取り戻せる優れた治療です。
しかし、治療が完了したらそれですべて終わりではありません。
むしろ、そこからのメインテナンスがとても重要です。
実はインプラントは、メインテナンスを怠ると、抜け落ちてしまうことがあります。
逆を言えば、メインテナンスをしっかり行っていれば、長い期間使えます。
手術をしてせっかく埋め込んだインプラントを長持ちさせるために、治療後のメインテナンスを欠かさないようにしましょう。

メンテナンスを怠ると…
メンテナンスを怠ると…
ご存知ですか?インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、いわゆる「インプラントの歯周病」。天然歯と同じように、歯周病菌によって歯ぐきやインプラントを支える顎の骨などの歯周組織が破壊されてしまう病気です。悪化するとインプラントはぐらつき、最終的には支えを失って抜け落ちてしまいます。
また、インプラントを支える歯周組織は天然歯のときより細菌に感染しやすく、さらに人工物であるインプラントは異常に気づきにくいというリスクも抱えています。インプラント周囲炎からインプラントを守るには、毎日の適切なブラッシングのほかに歯科医院での定期的なメインテナンスが欠かせません。患者様自身が意識して、積極的に取り組みましょう。

転居後のインプラントメンテナンスでお困りの方、お気軽にお問合せください。

インプラントのメーカー等がわからない場合も、メンテナンス対応可能です。

お電話でのお問い合わせは 086-234-5255まで

メールでのお問い合わせはコチラまで

 

0

痛くならないために”予防歯科”へ!!

Posted by:

“歯”が人生を決める

未来世紀ジパング
TSC 5/9 10時放送)ご覧になりましたか?
新聞のTV欄に「治療しない歯医者に予約待ち患者が殺到・・・」

 虫歯になる前に予防歯科に通い、メンテナンスを受けることが大切!!

という内容。

予防歯科の時代です!!

TV的には、いかに強いインパクトを与え、視聴率を取るかが重要なのでしょうが、

「治療しない歯医者に予約待ち患者が殺到・・・」とあれば

「治療する歯医者」「治療自体」が悪いことのように感じた方も

いらっしゃったのではないでしょうか?

TV放送には、正確に伝えられていないことが多々あります。

補足しておきましょう。

予防は、治療の必要のない良好な状態を維持するためのもの。

治療の必要がある状態のまま、メンテナンスをしても

全く意味がありません。

虫歯も歯周病も治療が必要な病気です。

虫歯があったり、歯周病があったり、歯が抜けたままの口腔状態のまま、

治療せずに、歯科衛生士に歯磨きをしてもらっても、意味はありません。

悪いところがあれば治療することが前提です。

治療後に、悪くならないようにメンテナンスに移行し、

定期的に予防のために定期的に歯科醫院に通う!!

TVで「治療しない歯科」として紹介されていた

歯科医院においても補綴治療(削って詰める治療)や

歯周病治療も当然のことながら、行われています。

また、人間には個人差がありますので、

虫歯になりやすさ、歯周病になりやすさなど

詳細に調べ、その人に合った予防管理が大切になります。

予防管理を始めた時期、これまでの治療歴によっても

メンテナンスの回数や方法は異なります。

大切なのは、ご自身での毎日のデンタルケアと

徹底した予防管理のもとで行われるプロフェッショナルケア

食生活をはじめとする生活習慣の見直しやメンタルもケアも大切です。

 

デンタルケアセンター政久歯科醫院は予防を何より大切と考えている診療所。

~お口の健康を守ることで、心や身体の健康もお守りしたい~

そんな気持ちで、健やかに生きる力を支える歯科医療を提供しております。

予防歯科についてお気軽にご相談ください。

 

デンタルケアセンター政久歯科醫院の予防歯科についてはコチラから

 予防歯科が導く「美」と「健康」

~まずはお口の定期健診から~

歯科健診・メインテナンス・クリーニング等の予防歯科に関するお問い合わせは

086-234-5255まで

メールによるお問い合わせはコチラから承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

歯科医院の香りと記憶

Posted by:

10月は週末ごとの雨天に折角の行楽の予定を阻まれることが多かったのではないでしょうか。

11月、晴天に映える山々の錦秋の装いが見事な季節、自然を愛で、心晴れやかにお過ごしください。

 

さて、皆様は歯科医院の香り(というか匂い)というとどんなものを思い浮かべますか?

歯科医院には独特の匂いがあり、それが苦手だという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

嗅覚は視覚や聴覚に比べると、記憶を呼び起こす作用が強いようです。

私の記憶にある歯科医院といえば、キーンという歯を削る嫌な音と

ツーンと鼻をつく薬剤や歯を削るときに出る匂い、

消毒液やアルコールランプの炎などの匂いが混ぜ合わさったような

独特の匂いの中での緊張と恐怖と痛み。

あの独特の匂いのせいで「歯医者は痛くて怖いところ」と

記憶に刷り込まれていたのかもしれません。

最近は、綺麗な歯科医院が増え、そんな不気味な匂いもしないので(おそらく)

歯科医院を怖がる子どもさんは少ないのではないでしょうか。

子ども時代に刷り込まれた、歯科医院の不気味な匂いの記憶が

大人世代を「歯科医院は行きたくないところ」

「痛くなったら仕方なく行くところ」と

認識させているのかもしれません。

時代とともに

人も、環境も、考え方やニーズも変化や進化を続けます。

歯科医院の在り方も時代とともに変わってきています。

治療から予防へ。

これまでは「痛いところを削って詰める」

「無くなったところに歯を入れる」という治療のために歯科医院へ。

これからは、「痛くなる前に」「失わないように」

「美と健康を維持する」という予防のために歯科医院へ。

それがスタンダードになってゆくことでしょう。

そんな中で歯科医院の香りの記憶も全く違ったものに

なってくるはずです。

デンタルケアセンター政久歯科醫院は、

治療だけを目的にしている歯科医院ではありません。

治療や予防を通して、患者様が自分らしく生きてゆく

人生に寄り添っていける歯科医院でありたいとの

思いがあります。

 

癒しと希望を感じさせる上質な歯科醫院

美しく清潔な環境と最先端の設備

十分な説明と優しい対応

正確な診断と精密で安全な治療と予防管理

政久歯科醫院はこれらを徹底している歯科医院であるために、

こだわりをもって、いろいろな努力と改善を重ねております。

「上質」とは表現しにくいもの。

患者様に、癒しや喜び、未来への希望を感じて頂き、

その香りとともに記憶に残る歯科医院を目指したいと思います。

 

予防歯科が創る「美」と「健康」

~まずはお口の定期健診から~

予防歯科で美と健康を守ることは もはや教養の一部。

歯が痛くなってから、歯を失ってから、歯科医院に行くのではなく、

治療を受ける必要のない口腔を維持することで、

美しく、健やかに、自信をもって生きてゆくために

予防歯科に通うという考え方を一人でも多くの方に

持っていただきたいと思います。

歯科健診・メインテナンス・クリーニング等の予防歯科に関するお問い合わせは

086-234-5255まで

メールによるお問い合わせはコチラから承っております。

 お問い合わせの多いデンタルケアセンター政久歯科醫院の香り

   ROSSO NOBILE <ロッソ ノービレ>

   OUD NOBILE<ウード・ノービレ>

 岡山でのお取り扱い店舗

   dessin

   Omotecho Style Store by TOMIYA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

メンテナンスって?

Posted by:

こんにちは、デンタルケアセンター政久歯科醫院 歯科衛生士長 岡嶋です。

当院は総合歯科治療により、多くの患者様より喜びの声を頂戴しておりますが、

その後の予防(メンテナンス)に特に力を入れております。

歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで予防を徹底的に行うことで、良い口腔環境を維持し、虫歯や歯周病になるリスクを減らし、生涯にわたり、自分の歯で美味しく食事ができる口腔機能をお守りしたいとスタッフ一同、技術向上に励んでおります。

デンタルIQ向上中

デンタルIQという言葉をご存知ですか?

虫歯や歯周病などの歯科疾患や予防に対する認知度、理解度のレベルのことです。

近年お口の健康を守るために歯科に通われる方が増えているのは、とても好ましい傾向です。

当院におきましても歯科健診やマウスクリーニングなど予防に関するお問い合わせが多くございますし、実際に痛みや不具合がないけれども、「きれいにしてほしい」というニーズが増えております。

治療後のメンテナンスにはほとんどの患者様が積極的にご来院くださっていて、「治療ではなく、予防のために歯科医院に通う」という考え方が浸透してきたなと嬉しく思います。

しかし、メンテナンスの在り方にも歯科医院によって違いがあるようで、長い間「メンテナンス」に通い、ブラッシングしてもらっていたにもかかわらず、「手遅れの状態」の患者様が数名続いてご紹介により来院され、驚いております。

メンテナンスに通っていたのになぜ?

問題のあるお口の状態を解決できていないまま、ただ歯科医院にメンテナンスに行き、ブラッシングだけをしていても意味がありません。

虫歯や歯周病になるには原因があります。歯科医院に定期的にメンテナンスに通っていても、生活習慣や毎日のセルフケアを怠れば、病気は再発しやすく、健康な口腔の状態を維持することは困難です。

予防は「治療の必要のない健康な口腔の状態」あるいは「きちんと治療された口腔の状態」を維持管理するために計画的に行われなければなりません。歯科医院においては以下のことがきちんと的確に行われることが重要です。

□ 原因除去治療が行われたか?

□ 歯周精密検査(X線検査・歯周ポケット測定・動揺度の検査)は?

□ 噛み合わせのチェックは?

□ 生活習慣のチェックは?

□ ブラッシング指導は?

□ クリーニングは?

そして、患者様ご自身による日々のデンタルケアの充実があってこそ、お口の健康は維持できます。私たち歯科衛生士は、プロフェッショナルケアにより、お口をきれいな状態にすることはもちろんのこと、患者様が普段の生活においてもきちんとした生活習慣や正しいブラッシングができるようにお伝えし、実践できるようご指導して、お口の健康を守ることが使命です。

予防歯科が導く美と健康

デンタルケアセンター政久歯科醫院では、お口全体の丁寧な診査、正確な診断、十分な説明を大切に考えております。患者様のご要望を十分お伺いして、治療計画や予防計画を立てております。

予防歯科は総合歯科治療ができてこそのものです。

健康で幸せな毎日のためにワンランク上の「予防歯科」に通うという聡明な選択をなさってください!!

歯科健診、マウスクリーニング、予防歯科に関するお問い合わせは

086-234-5255 までお気軽にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

0

か強診って何ですか?

Posted by:

2016年度新設制度

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

「か強診」とは厚生労働省が2016年度に制定した新しい制度で「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の略称です。決められた施設基準を満たすことで厚生労働省から認可を受けることができる、地域完結型医療推進を行う歯科医療機関です。認可を受けている医院は2017年6月現在で約1割です。

一人一人の患者様へ生涯にわたり安心安全な歯科治療を提供することはもちろん、定期的なお口の検診や予防を図ることで患者様の健康に寄与することができると認められた歯科医院です。 続きを読む →

0

歯周病から身体を守るために今日からできること

Posted by:

全身の健康を脅かす「歯周病」

痛みもなく発症する歯周病の恐ろしさ

歯周病とは、歯や歯茎の境目の歯垢(プラーク)の中の歯周病菌が歯茎にダメージを与え、歯を支える骨(歯槽骨)を破壊して、最終的には歯が抜けてしまうことがある病気で、成人の80%以上が罹患しているといわれる「国民病」です。

その影響は、肺炎や動脈硬化、糖尿病、低体重児出産・早産、メタリックシンドローム、認知症と全身に及びます。

口腔環境を改善することで不調が緩和するケースが報告されています

続きを読む →

0

口とは

Posted by:

 全ての歯は

他の臓器と同じく

生涯とともにあるのだ

 

口とは・・・

口は人間にとってすばらしいものだ。

それは人間の情緒においても、日々の生活にとっても、

また人の美しさにとっても・・・。

口 ―― それは、

今まさに私が生きていることを表わしている。

もし動物が歯を失った時、その動物の死を意味する。

歯を失ったとき彼らは生き続けることが不可能であり、

その生は終わりを告げ、やがて彼らは死んでいく。

人間にとって、口は会話を楽しみ、愛を語り、

しあわせ、よろこび、怒り、 悲しみを表わす。

口は愛情の入り口であり、食べ物をとり、生き、

そうして人間は栄えていく。

だからこそ、口はどんな犠牲を払おうとも、

十分な注意と管理を受けるだけの

価値を持っている。

 
 
Dr. ハロルドワース

 

このDr.ハロルド・ワースの詩が表す通り、お口は人が健やかで豊かな人生を

送る上で欠くことの出来ない器官です。

お口の健康を守ることは、心身の健康と豊かな人生を守るということ。

そして、それこそが歯科医療が果たすべき使命だと思います。

歯は老化で失われるのではありません。

身体の他の臓器と同じように一生涯、命を共にするのです。

 

お口の健康を守ることには大きな大きな価値があります。

どうぞ十分な注意と管理をお受けになってください。

予防歯科は、健やかで幸せな人生に必要不可欠なものです。

 

予防歯科が創る「美」と「健康」

~まずはお口の定期健診から~

歯科健診・メインテナンス・クリーニング等の予防歯科に関するお問い合わせは

086-234-5255まで

メールによるお問い合わせはコチラから承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

0

妊娠中に歯の治療は可能ですか?

Posted by:

妊娠中も歯科治療できます。

妊娠中の歯科治療で一番に心配になるのが、レントゲン検査や麻酔、投薬ではないでしょうか。基本的に、妊娠中にレントゲン検査を受けても、胎内の赤ちゃんへの被ばくの影響はほとんどないとされています。また、歯科治療で使用される局所麻酔は患部周辺にしか停滞しないため、赤ちゃんに影響がおよぶことはないとされています。お薬については、妊娠中に使用できないものがありますので注意が必要ですが、赤ちゃんへの悪影響が報告されていない安全なお薬が処方されますのでご安心ください。虫歯治療や歯周病治療のような一般的なものであれば、妊娠中でも歯科治療は可能です。治療の時期についてや、特別な治療(親知らずの抜歯など)で妊娠、授乳期を避けた方が良い場合もありますので、歯科医師とよく相談のうえ進めることが大切です。 続きを読む →

0

~8020達成者は過去最高~

Posted by:

6月4日(日)~6月10日(土)は「歯と口の健康週間です。」

 6月2日に厚生労働省が平成 28 年 10 月~11 月に実施した「歯科疾患実態調査」の結果 を公表しました。この調査は昭和32年から6年ごとに行われてきたもので、今回の調査では、80 歳になっても自分の歯が 20 本以上ある 8020(はちまるにいまる)を達成した人の割合が、前回調査の 40.2%から 51.2%に増加していることなどが分かりました。

続きを読む →

0

若い方でも歯周病!!

Posted by:

こんにちは、二月も終わりに近づいてきましたが、まだまだ寒い日が続いております。寒中に可憐に咲く梅の花をみると、その健気さに心打たれます。華やかな桜の季節前の静かに春を待つこの時期が、とても好きな歯科衛生士 岡嶋です。

さて、先日「全身の健康はお口に通ず」で歯周病のことに触れましたが、若い方は「自分には関係ない」と思われていませんか?

確かに歯周病罹患率は年齢とともに増えていく傾向がありますが、25~34歳では20%位の罹患率となっており、当院におきましても若い方の進行した歯周病を見かけることがよくあります。

続きを読む →

0