矯正

7月14日(土)は矯正相談日です。

Posted by:

悪い歯並び、噛み合わせ、気になりませんか?

歯並びの悪さや噛み合わせのズレは、見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病の原因となったり、
全身の不調にも影響を与える恐れがあります。

40代の方も遅すぎることはありません!

「矯正装置」というと、ギラギラした大きな金属が歯についている様子を思い浮かべる人もいらっしゃるでしょう。 しかし「もっと快適に治療したい」という大人の患者様の声に応えて、矯正装置の開発は進み、現在は、目立たない装置や見えない装置など、いろいろな治療法が誕生しています。
装置の種類によって、特徴やメリット・デメリットが違います。あなたの歯並びやご希望、ライフスタイルに合った矯正治療をご提案させて頂きます。

 あきらめないで、まずはご相談ください!

長い間、歯並びの悪さにコンプレックスを抱えたまま大人になられた方がとても多いことに驚きます。大人になると、あごの成長が止まり、歯並びが固定されます。子どもの矯正に比べて歯を動かすのは遅くなりますが、歯には本来力を加えられると動く性質があるため、矯正装置を装着することで、正常な位置に移動させることができます。

歯並びの状態や選択する装置により、個人差が大きく出ますが、1年~3年間ほど矯正装置をつけ、定期的にチェックに通って頂きます。さらに、歯が戻るのを防ぐために、リテーナーという保定装置をつける期間も必要となります。

矯正している期間は、装置装着や今まで以上のケアを必要とするので、わずらわしい点も多いですが、綺麗な歯並びを得ることは、見た目はもちろんですが、虫歯や歯周病のリスクが減少し、さらには、肩こり、歯ぎしり、頭痛、いびきなど、体の不調が改善されることも珍しくありません。

患者様の「矯正してよかった」という言葉を励みに、また、装置をはずした時の患者様の笑顔にやりがいを感じ、最適で最新の技術を提供しております。是非矯正治療への一歩を踏み出してみませんか?

当院の矯正治療についてはコチラをご覧ください。

矯正に関する相談はお問合せフォームからメールで、

あるいは086-234-5255までお電話をお願いいたします。

矯正担当医 飛梅 由紀子(とびうめ ゆきこ)

female-icon
  • 1994年3月 広島大学歯学部歯学科卒業
  • 1994年4月 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第一講座専攻科入学
  • 1997年3月 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第一講座専攻科修了
  • 2000年3月 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第一講座退職
  • 2000年9月 日本矯正歯科学会 認定医

0

50代女性です。今から矯正はできますか?

Posted by:

もちろん 50代からでも矯正治療は可能です。

50代女性の矯正治療、もちろんできます。

今では矯正治療は一般的になり、矯正装置を入れている子どもさんを多く見かけるようになりました。

しかし50代の方々の幼少期、学童期にはまだまだ矯正治療はマイナーなものでしたね。

その当時のアイドルたちの顔を思い浮かべてみても皆歯並びは悪く、八重歯が可愛いとされた時代だったと思います。

時は経ち、現在では、口元の美しさを求めることは当然ものとなってきました。

きれいな歯並びは美しい笑顔を引き立て自信を与えてくれます。

また、歯並びが整っていると、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。

家庭や子育てそして仕事に打ち込み、矯正の機会を逃していた方は多くいらっしゃると思います。

しかし、あきらめる必要はありません。矯正治療は可能なのです。

50代からの矯正の場合

矯正治療はもちろん可能ですが、リスクとしては年齢とともに歯周病のリスクが高まるため

歯周病に罹患している場合はきちんと治しておくことが必要です。

とにかく治療計画をしっかりたてていくことが大切です。

 

当院では『おとなの矯正』相談を承っております。

 「以前からこの歯の向きが気になる」「この歯がもう少し・・だったら」

 と鏡を見て思うことはありませんか?

 意外と早く・簡単に想いを叶えることができるかもしれません

 勇気を出して一歩前に進んでみませんか?

 

 

 

0

大人の歯列矯正、増えています!

Posted by:

大人の歯列矯正、始めませんか?

 

歯並びが気になっていたけれどなかなか歯列矯正に踏み切れなかった大人の方も多いのではないでしょうか。歯列矯正とは歯を動かして歯並びや噛み合わせの治療をしていくことです。子どもの時に行うものと思われている方が多いようですが、大人になってからでも 歯列矯正をして歯並びをきれいにすることは十分可能です。また、前歯だけやセラミックを使って歯茎に負担をかけずに前歯をきれいにすることもできます。

「矯正装置」というと、ギラギラした大きな金属が歯についている様子を思い浮かべる人もいらっしゃるでしょう。 しかし「もっと快適に治療したい」という患者様の声に応えて、矯正装置の開発は進み、現在は、目立たない装置や見えない装置など、いろいろな治療法が誕生しています。
装置の種類によって、特徴やメリット・デメリットが違います。あなたの歯並びやご希望、ライフスタイルに合った矯正治療が見つけられるはずです。

続きを読む →

0