入れ歯治療

快適な入れ歯で食べる喜びと人生の幸せをかみしめましょう

 

歯を失い、入れ歯(義歯)をしている人はたくさんいらっしゃいます。その数に比例して「入れ歯をすると痛い」「違和感がある」というお悩みも多く聞きます。合わない入れ歯では思うように食事ができないため、健康を害するきっかけになります。最近は歯を失った場合の治療法として、インプラント治療が増えているため、入れ歯治療の得意な歯科医師と歯科技工士が減っているという現実もあります。
当院では、精密な入れ歯治療を受けられ、メインテナンスを続けながら、長年にわたり快適な入れ歯ライフを満喫している患者様がたくさんいらっしゃいます。

合わない入れ歯を我慢していませんか?美味しく食べることをあきらめていませんか?

政久歯科醫院では、患者様お一人おひとりに合った入れ歯をご提供できるよう、高度な医学知識、信頼の治療技術で、熟練の歯科技工士とともに、精密できちんと咬める入れ歯を作成し、多くの患者様にお喜びいただいております。より快適で精密なオーダーメイド型の入れ歯は自由診療になりますが、保険診療の入れ歯にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

当院の入れ歯治療の特徴
  • 丁寧なカウンセリングと治療前診査、診断による治療計画、オーダーメイド設計
  • 歯周病治療の徹底
  • 時間をかけた、精度の高い型取り:入れ歯の型取りは経験と高度な技術を要します。
  • 高品質な入れ歯を作成できる優秀な歯科技工士との連携
  • 咬み合わせ治療の徹底
  • プロヴィジョナルレストレーションによる調整・トレーニング
  • 治療後のメインテナンスの徹底
より快適に。高性能入れ歯

金属床義歯(自費)

金属床義歯は、お口の粘膜に当たる部分に金属を使った入れ歯です。保険診療のレジン床義歯では、素材の特性上どうしても床が厚くなってしまいますが、金属床義歯は薄くすることができるため、違和感が少なくなります。熱を伝えやすいため食事の暖かさや冷たさを感じることもできます。また、チタン床義歯は非常に軽く、金属アレルギーの心配もないのが特徴です。

ゴールド床義歯 生体親和性が高く、金属アレルギー反応が起こりにくい「金」を使った入れ歯です。お口の中が明るく見えるのがメリットですが、他の金属よりやや重めの入れ歯となります。
チタン床義歯 ゴールドよりもさらに生体親和性が高いチタンを使った入れ歯です。現在ある金属床義歯のうち、もっとも軽く薄い入れ歯が完成します。他の金属と比較して価格が高くなりがちですが、こちらも金属アレルギーの心配はありません。
コバルトクロム床義歯 もっとも普及している金属床義歯の素材がコバルトクロムです。保険適用の入れ歯と比べると、床部分の厚みが3分の1にまで抑えられます。チタンよりは重めで、金属アレルギーを引き起こす可能性は他の2つよりも高い金属です。

 

マグネットデンチャー

磁石を使った入れ歯です。歯根と入れ歯に磁石を埋め込むことで、強力な磁力により、ガタつきなく抜群のフィット感を得られます。金属製の入れ歯と併用することによってさらに装着感が向上します。既存の入れ歯をそのまま使用することもでき、インプラントの本数も少なくすることができるため、経済的で身体への負担も少なくなります。

 

無口蓋デンチャー

上の総入れ歯は、通常上あごの部分の殆どを覆いますが、この入れ歯は上あごの部分を大きくくりぬいた形をしています。上あごの後方は、違和感が強く出やすい部分であり、味を感じる細胞が若干存在するので、この部分を覆うと食べ物の味がわかりにくくなります。上あごをくりぬくことで、よりおいしい食事が可能となります。ただ、この部分は入れ歯の吸着にとって重要な部分ですので、入れ歯が外れやすくなります。外れにくい無口蓋義歯を作るには、高い技術力が必要です。

 

インプラントデンチャー

入れ歯をしっかりと固定することができるインプラント義歯は、入れ歯の中で咀嚼能率(ものを咬む力)が最も高く、違和感が少なく、最も自分の歯に近い感覚に回復させることができます。数本のインプラントに、インプラント用の入れ歯(取り外し式)を固定する方法で、インプラントの上にボール型やバー型のアバットメントをアンカー(固定源・土台)として利用するために、少ない本数でも入れ歯の浮き上がりを抑えることが出来ます。

入れ歯には寿命があります
実は入れ歯は消耗品です。こうお伝えすると皆さん驚かれますが入れ歯には寿命があります。何故なら入れ歯はプラスチックのような樹脂材料(レジンといいます)で、出来ているので毎日使っていると少しずつすり減っていきます。かみ合わせの力が強い方ほど早くすり減っていき、早い方で、2~3年で作り替えの時期が来ます。この時点では使い慣れているので不快感はほとんど無い事が多いです。しかし、それでも無理して使い続けると入れ歯が壊れたり、合わなくなったりする原因となります。

入れ歯以外の治療法との比較

歯を失った部分を補う治療法には、「入れ歯」の他にもいくつかあります。
他の治療法と比較しながら、入れ歯の特徴を理解しましょう。

治療法 特徴・メリット 問題点
入れ歯
入れ歯
  • 費用が低価格
  • 手術の必要がない
  • 歯を削る量が少ない
  • 取り外しができ、掃除が簡単
  • 治療期間が短い
  • 隣歯への負担が大きい(部分入れ歯の場合、バネをかけるため)
  • 装着時に違和感がある
  • 入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
  • 数年ごとに作りかえ、または調整を必要とする
ブリッジ
ブリッジ
失った部位の両隣の歯を削り、義歯のブリッジをかぶせて固定する方法

  • 天然歯と同じような外観・機能が期待できる
  • 咬み合わせを回復することができる
  • 入れ歯より高額
  • 隣歯を削る必要がある
  • 土台となるしっかりとした歯が両側にないと治療できない
  • 失った歯の数が多いと治療できない
インプラント
インプラント
歯のない部分にのみ人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、歯(歯冠を取り付ける方法)

  • 天然歯と同じような外観・機能が期待できる
  • 失った部分の顎の骨がなくなるのを防ぐ
  • 健康な歯を犠牲にする必要がない
  • 適切にケアすれば充分長持ちする
  • 入れ歯やブリッジより高額
  • 手術の必要がある
  • 取り外しはできない
  • 治療期間が長い

インプラントへ治療例へ

入れ歯は、もはやあなたの体の一部です。自分に合った入れ歯とともに、いつまでも快適な生活を送れるよう、日頃から入れ歯を大切に扱うことが大切です。