歯並びや咬み合わせの乱れは見た目だけでなく
お口や全身のトラブルを招く原因となる場合があります。

 

しっかりとブラッシングをしていても虫歯になってしまうという方は、歯並びや咬み合わせの悪さに問題があるかもしれません。歯並びの乱れは磨き残しを増やし、咬み合わせの乱れは歯ぎしりや食いしばりを引き起こしてエナメル質を傷つけることがあります。こうした状態では、いくら適切なケアを行っても細菌の繁殖を防げず、虫歯や歯周病につながってしまいます。
虫歯や歯周病で歯を失ってしまうと、さらに歯並びや咬み合わせが悪くなります。そういった事態を招かないよう、当院では歯並びはもちろん咬み合わせまで十分に考慮しながら治療を行っています。

矯正治療例
施術前
矯正治療例_01 矯正治療例_02 矯正治療例_03
施術後
矯正治療例_04 矯正治療例_05 矯正治療例_06

主訴: 歯の喪失後、全体として歯列が乱れたような気がする
治療内容: 上下顎とも矯正治療にて歯列を拡大し叢生(凸凹)を改善し、本来の歯列弓形態に戻しました。
下顎左側の欠損部は、矯正治療ですき間を閉鎖しました。
上顎前歯部、下顎臼歯部などは、審美と機能を考え補綴治療を行いました。

歯並びの悪さが引き起こすトラブル
歯並びの乱れは見た目だけでなく、全身の健康にもさまざまな悪影響を及ぼしています。思ってもみない不調の原因が、実は歯並びや咬み合わせにあったというケースは少なくありません。また、矯正治療で歯並びを改善することで、以下のトラブルが解決することもあります。

虫歯や歯周病になりやすい ブラッシングがしにくい歯並びだと、プラーク(歯垢)や歯石が溜まりやすくなります。そのため、虫歯や歯周病といったお口の病気を招くリスクが高くなります。
口臭の原因になりやすい 乱れた歯並びのせいで清掃性が低いと、口腔内環境も悪化しがち。また、口がしっかり閉じられない歯並びだとお口の中が乾燥してしまい、細菌が増殖しやすい環境になってしまうため、口臭にもつながりやすくなります。
咀嚼不足による消化不良 歯並びや咬み合わせの悪さからしっかり咬めない(咀嚼不足)、かみ切れない状態で食事を続けていると、丸のみが多くなり、胃腸などの消化器官にかかる負担が大きくなってしまいます。
発音障害 歯と歯の間の隙間から息漏れが起こったり、舌の位置が正しくなかったりすると、正しい発音ができなくなり、滑舌が悪くなることがあります。
骨格の歪みからくる不調 均等な咬み合わせでない場合は、顎や顔の筋肉も均等に使えていないことがほとんど。それが首・肩・頭などの痛みにつながったり、スポーツなどで力を十分に発揮できない要因になったりすることもあります。
心理的なコンプレックス 見た目のコンプレックスだけでなく、上記のような不調から気持ちが塞ぎがちになったり、消極的になったりしてしまうことが考えられます。
不正咬合(ふせいこうごう)の種類

歯並びが悪いことを、歯科では不正咬合(ふせいこうごう)と呼びます。不正咬合は遺伝的・骨格的な原因で起こることもあれば、ちょっとしたクセが原因となっていることもあります。

上顎前突
上顎前突

いわゆる「出っ歯」と呼ばれる歯並びです。上前歯だけが飛び出しているケースと、上顎全体が突き出しているケースがあります。

下顎前突
下顎前突

一般に「受け口」と呼ばれる歯並びです。上顎前突と反対に、下の歯が上の歯よりも飛び出していたり、下顎全体が前に突き出していたりするケースがあります。

上下顎前突
上下顎前突

上下の顎の骨が前に突き出している歯並びで、口元が閉じにくくなっています。虫歯や歯周病になりやすくなることがあります。

開咬
開咬

奥歯を咬み合わせても、前歯が咬み合わない状態の歯並びです。息漏れや発音障害、咀嚼不足による消化不良などが引き起こされます。

過蓋咬合
過蓋咬合

歯を咬み合わせたときに、下の歯に上の歯が覆いかぶさるように深く咬み合っている歯並びです。相互の歯ぐきを傷つけやすくなっています。

大人と子どもの矯正のメリットについて
矯正治療というと、多くの方が「子どもが受けるもの」という印象をお持ちかもしれません。しかし、大人だからこそのメリットもあります。見えにくい矯正装置なども現在はありますので、ぜひご相談ください。

大人の矯正(成人矯正) 骨格の成長も完了した大人の矯正では、治療計画通りに歯を移動させやすいというメリットがあります。また、ご本人が強い意志を持って治療に臨まれるため、矯正の成果が出やすいだけでなく、治療中の口腔ケアにも熱心に取り組んでいただきやすいということもあります。矯正治療は何歳になっても成果が期待できるので、諦める必要はありません。ご自身が納得して取り組めば、歯並びが改善するばかりか、「生活の質」がぐんと向上するような治療効果が期待できます。
子どもの矯正(小児矯正) 矯正治療に最も適しているのが、子供の歯が乳歯から永久歯に生え変わるタイミングです。多くのケースで、身体の成長にも合わせて顎の骨を拡大し、歯がきちんと並ぶスペースをつくることを主眼に行います。そうすることで、将来本格的な歯列矯正が必要となったときでも抜歯せずに治療できる可能性が高まるのです。小児矯正では、お子様の成長を見ながら適切なタイミングを見計らう必要がありますので、歯並びで気になるところがあればお早めにご相談ください。
取り扱い矯正装置
クリアアライナー(インビザライン)
患者様ひとりひとりのために、カスタムオーダーで製造される矯正装置

透明な樹脂で作られたマウスピースを使って、歯並びを正しい位置に導きます。透明な装置なので、つけていても目立つことがほとんどありません。また取り外しが可能なので、お食事や歯みがきの際に邪魔になることもなく、装置や口腔内を常に清潔に保てます。

 

クリアブラケット

マルチブラケット方式のひとつで、一般的に金属の部品が使われる部分(ブラケット)に透明のプラスチック部品を採用した矯正装置です。装置そのものが透明で目立たないため、矯正中の見た目を気にされる方におすすめです。

 

床矯正

取り外し可能な装置によって、徐々に顎の骨を拡大していく矯正方法です。顎の骨の成長する力を活かして歯が並ぶスペースを確保できるため、小児矯正によく用いられます。取り外し可能なので食事やブラッシングも楽に行え、口腔内環境をよい状態で維持できるというメリットがあります。

 

部分矯正装置(MTM)

部分矯正はその名の通り、お口全体の歯並びではなくちょっとしたデコボコを治したいときに行う矯正です。軽い出っ歯や八重歯なら、部分矯正で治療可能な場合があります。治療費も治療期間も、通常の矯正治療よりも大幅に抑えられます。適用については歯科医師の十分な診断が不可欠ですので、まずは当院へお問い合わせください。(クリアタイプもあります)

 

インプラント矯正

インプラントを顎の骨に埋め込み、それを固定源として装置を取りつけ、歯並びを矯正します。難症例にも対応可能で、治療期間の短縮にもつながります。(クリアタイプもあります)

セラミック矯正
短期間で白くてきれいな歯並びを手に入れたい方へ

ワイヤーなど装置を付けて歯を動かさず、自分の歯を削ってセラミックの被せによって歯並びや歯の形を美しく整えるのがセラミック矯正です。

セラミック矯正治療例
セラミック矯正治療例_01 セラミック矯正治療例_02
かみ合わせの不具合と見た目の悪さを訴え来院されました。原因は反対咬合であるため、下の歯のみ矯正を行いかみ合わせを治したのち、被せ治しをしました。
部分矯正(約6カ月)・セラミックトリートメント
セラミック矯正治療例_03 セラミック矯正治療例_04
30代女性
ワイヤーを用いての矯正は、装置と期間の問題で絶対したくない、短期間できれいな歯並びにしたいとのご要望でのご来院。セラミックの被せで歯並びを改善し、短期間で治療を終了しました。
セラミック矯正治療例_05 セラミック矯正治療例_06
50代女性
前歯の歯並びがずっと気になっていたが、年齢的にも長期間にわたる矯正治療は受けたくないので、それ以外の方法で早くきれいな歯並びにしてほしい、とのご要望でご来院。
通常の矯正、セラミック矯正のメリット・デメリット等ご説明、カウンセリングのうえ、上下の前歯にセラミックの被せを装着し、セラミック審美歯科治療を行いました。

矯正担当医 飛梅 由紀子(とびうめ ゆきこ)

female-icon
  • 1994年3月 広島大学歯学部歯学科卒業
  • 1994年4月 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第一講座専攻科入学
  • 1997年3月 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第一講座専攻科修了
  • 2000年3月 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第一講座退職
  • 2000年9月 日本矯正歯科学会 認定医