歯周病は自覚症状がほとんどないままどんどん進行してしまうお口の病気です。
放置すると歯がグラグラしはじめ、最後は抜け落ちてしまうことも…。

 

歯周病は「日本人が歯を失う原因」の第1位であり、さらに日本の成人の約80%がかかっている、もしくは予備軍であるとされている病気です。私たちにとっては極めて身近なお口のトラブルですが、歯周病について正しく理解されている方はあまり多くないのではないでしょうか?
歯周病は細菌による感染症で、免疫力が低下してくる30代、40代くらいから気をつけておきたい病気です。今はまだ症状がなくとも、早期発見につながる定期検診を活用し、適切なタイミングでケアや検査を受けるようにしましょう。

あなたは大丈夫?簡単にできる歯周病セルフチェック
歯周病は「静かなる病気」と呼ばれるほど、自覚症状に乏しいのが特徴です。そのため、気がつかないうちにかなり進行・悪化してしまうことも少なくありません。以下のような症状がご自身にないかをチェックし、ひとつでもあてはまる場合には一度診察をお受けになることをおすすめします。

  • 起床時に口の中がネバネバしている
  • ブラッシングをすると歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが痛い、もしくはムズムズする
  • 硬いものを咬めない(咬みづらい)
  • 最近、口臭がきつくなってきた
  • 歯ぐきに赤い腫れがある
  • 歯ぐきが下がり、歯が長くなった気がする
  • 歯と歯の間に食べものが挟まりやすくなった
歯周病の進行と症状

歯周病の進行段階の目安として、歯と歯ぐきの間の溝の深さがあります。この溝が深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

STEP1 歯肉炎
STEP1 歯肉炎
歯肉炎

歯ぐきに軽く炎症が起こっている状態です。ブラッシング時に出血が見られます。

STEP2 軽度歯周炎
STEP2 軽度歯周炎
軽度歯周炎

軽度の歯周病ですが、顎の骨が溶かされはじめています。歯ぐきに腫れやしみる症状が出ることがあります。

STEP3 中等度歯周炎
STEP3 中等度歯周炎
中等度歯周炎

顎の骨が半分ほど溶かされており、歯がグラグラしている状態です。腫れや出血のほか、浮いたような感覚があります。

STEP4 重度歯周炎
STEP4 重度歯周炎
重度歯周炎

歯を支える顎の骨の大部分が溶けてなくなっています。歯が大きく動き、ひどい場合は抜け落ちることもあります。

歯周病治療の方法

歯周病は進行具合によって治療法が異なりますが、いずれの処置もお口の中からプラーク(歯垢)を除去することを目的としています。プラークはお口の中で石灰化し、歯石になります。歯石はブラッシングでは落とせないほど強固に歯にこびりつき、そのザラザラした表面にさらなるプラークやバイオフィルムを付着させるのです。歯石を取り除き、プラークコントロールを続けることが、歯周病治療の基本となります。

スケーリング
適用:歯肉炎・軽度歯周炎
スケーリング

スケーラーと呼ばれる器具で、歯の表面にこびりついた歯石を取り除きます。処置後にしみる症状が出ることがありますが、これは歯石がなくなった証拠です。

ルートプーレニング
適用:軽度~中等度歯周炎
ルートプーレニング

キュレットと呼ばれる器具で、スケーリングで落とせなかった歯周ポケット内部の汚れや歯石・プラークを取り除きます。歯の表面を滑らかに仕上げ、再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
適用:軽度~中等度歯周炎
歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット内部にこびりついた歯石や膿、炎症を起こしている歯肉部分をきれいに取り除きます。局所麻酔をかけて処置を行います。

フラップ手術
適用:中等度~重度歯周炎
フラップ手術

歯周ポケットのさらに奥深くまで感染している場合は、歯肉を切開して歯石や感染組織を取り除きます。こちらも局所麻酔をかけ、処置後は歯肉の縫合を行います。

歯周組織再生療法適用[GTR法]
適用:重度歯周炎
GTR法

歯周病に感染した組織を取り除いたあとで、歯槽骨と歯肉の再生を促す処置です。歯肉のほうが再生スピードが早いため、歯肉の骨への侵入を防ぐためにメンブレンと呼ばれる膜を設置します。この膜には、後日取り除く必要があるものと、膜が体内に吸収されるものとがあります。

歯周組織再生療法適用[エムドゲイン法]
適用:重度歯周炎
エムドゲイン法

エムドゲインは、GTR法と同じ治療効果を期待する再生療法の一種。GTRで患部に設置するのが膜であったのに対し、エムドゲインでは生物由来のエムドゲインゲルを使用します。薬剤は組織の再生を促しながら、体内に吸収されていきます。いずれも安全なものですのでご安心ください。

歯肉移植術[結合組織移植(CTG)]
適用:口腔内環境改善・審美的改善

歯肉が痩せて薄くなったり、陥没した部分があったりする場合は、上顎の口蓋から結合組織を採取、不足している部分に貼り付けて移植します。歯根面を覆う歯肉の厚みが増加し、ブラッシングしやすくなります。

歯肉移植術[遊離歯肉移植(FGG)]
適用:口腔内環境改善・審美的改善

FGGは、上顎の口蓋から上皮のついた歯肉を切り取り、歯根周りに移植する治療法です。歯根周りの角化歯肉(唇を引っ張っても動かない部分の歯肉)がない場合、歯ブラシの圧に対する抵抗力が弱くなります。ブラッシングがしにくい、歯肉が退縮している、炎症を起こすなどの弊害が起こります。

歯周病菌と重篤疾患の深い関係
「歯周病はお口の中の病気」という認識の方は多いでしょう。しかし、歯周病のトラブルはお口だけでなく、全身にさまざまな悪影響を及ぼすケースもあります。これは、歯周病菌がお口の中から血管へと流れ込み、血液と一緒に体内をめぐることが原因です。以下では、歯周病菌が全身に及ぼす悪影響の例をご紹介します。

糖尿病 歯周病は糖尿病と互いに影響し合っているといわれており、合併症のひとつとも捉えられています。最近の報告では、歯周病の治療が糖尿病の改善にもつながることが分かっています。
循環器系疾患 歯周病をお持ちの方は、動脈硬化や脳梗塞、心疾患(心筋梗塞・狭心症)などのリスクが高いといわれています。これは、歯周病菌によってつくり出された毒素が血管に入り込み、血栓ができやすくなってしまうからです。
肺炎 だ液や飲食物と一緒に歯周病菌が肺に入ってしまうと、肺炎の原因となってしまいます。特に嚥下機能の低下したご年配の方や寝たきりの方、食べものを飲み込むのが苦手という方は誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。
早産・低体重児出産 歯周病菌がつくり出す炎症物質には子宮の収縮を促す働きがあるため、歯周病にかかっている妊婦の方は早産や低体重児出産の可能性が高まることが報告されています。

歯周病予防には定期検診がおすすめです
自覚症状に乏しく、気づいたときにはかなり進行してしまっていることも多い歯周病。これを予防するのにもっとも効果的なのは、定期検診です。定期検診では口腔衛生のプロである歯科衛生士がしっかりとお口の状態をチェックするので、ちょっとした異変も逃さず適切な処置を受けることができます。もちろん、毎日のブラッシングや食習慣・生活習慣の改善なども重要です。歯科医院とご自宅で積極的に歯周病の予防に努め、健康な口腔内環境を維持していきましょう。