審美歯科治療

審美歯科・ホワイトニング

にこやかにほほ笑んだときに、奥にきらりと光る銀歯…。
もしかしたらそれは輝く笑顔を台なしにしているかもしれません。
当院では、銀の詰め物や被せ物を白いセラミック素材に替える
審美歯科治療を行っています。

虫歯治療で削った歯は、詰め物や被せ物で補います。このとき、保険診療でつくる詰め物・被せ物では素材が限定されてしまい、前歯には白いレジン(歯科用プラスチック)、奥歯には銀色の金属製のもの(銀歯)しか選べません。しかしレジンは経年劣化によって変色しやすく、銀歯は見た目の悪さに加えて金属アレルギーなどのトラブルを招くリスクもあります。
当院では、金属アレルギーを考慮した体にやさしいセラミック素材をご案内しています。セラミックは自然な白さと透明感を備えた素材なので、見た目の悪さも改善することが可能です。虫歯治療で新たにセラミックの詰めもの・被せものを入れる場合はもちろん、現在入れている銀歯をセラミックに替えることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

セラミックが優れている理由

セラミックは見た目の美しさだけではなく、からだへの影響や耐久性という点でも優れています。美しい歯で、しかも安心して長くお使いいただける魅力的な素材です。

白く見た目が美しい

セラミックが選ばれる理由として、なにより本物の歯のように白く美しいという点にあります。銀のように不自然に光ることなく、ほかの歯と変わらない質感をもった美しさはやはり魅力です。

金属アレルギーの心配がない

セラミックが選ばれる理由として、なにより本物の歯のように白く美しいという点にあります。銀のように不自然に光ることなく、ほかの歯と変わらない質感をもった美しさはやはり魅力です。

歯ぐきが黒ずまない

金属の場合、長年使っていると、被せ物と歯ぐきの間が黒ずんでくることがあります。これは、金属が溶けだしてきたり、露出してしまったりすることが原因で、金属の性質のひとつでもあります。セラミック素材の場合、このように黒ずむことはありません。

審美歯科治療例

 

主訴

前歯の被せの色を変え、銀歯を無くしてほしい

治療内容
  • 部分ホワイトニング
    (健康な天然歯は部分ホワイトニングを行って白くし、全体の歯のトーンを白くした)
  • セラミッククラウン
    (前歯の被せや奥歯の銀歯を外し、ホワイトニングした歯の色に合わせてセラミッククラウンを作成し、被せ替えを行った)

セラミック素材の種類

審美歯科治療で使用する素材には数多くの種類があり、それぞれに特徴が異なります。そのため、患者様一人ひとりのご要望に合わせた素材・形状・処置の選択が重要です。当院では治療前にしっかりと患者様のご要望をうかがい、お口の状態を確認したうえで最適なご提案を差し上げます。それぞれの素材のメリット・デメリットもしっかりご説明しますので、ご安心ください。以下では、当院が取り扱う素材についてご紹介します。

※下記にご紹介する素材は、すべて保険適用外です。

オールセラミック

すべてがセラミック素材でできている詰めもの・被せものです。天然歯に近い自然な白さと優れた耐久性を持ち、すり減りや変色もほとんどありません。金属アレルギーの心配も不要です。優れた審美性と耐久性を備えたセラミック材料であるジルコニアクラウンを使用しています。

ホワイトメタルクラウン

優れた強度を合わせもったセラミック材料です。e-maxのセラミック材料よりも強いが、やや審美性が劣ります。非常に硬いため、噛み合う歯に注意が必要です。

メタルボンドクラウン

金属素材のフレームにセラミックを焼きつけた被せものです。強度があるので奥歯に利用するケースが多くあります。

ゴールド

金(ゴールド)でつくられた詰めもの・被せものです。金は天然歯に近い硬さがあり、咬み合う歯にダメージが及びにくいという特徴があります。また、金属でありながら金属アレルギーも起こりにくいものを使います。 

ホワイトニング
初めてのホワイトニング、気軽に始めてみませんか?

デュアルホワイトニング

最速最強・結果重視

政久歯科醫院お勧めのメニューです。

ホワイトニングには歯科医院内でおこなうオフィスホワイトニングと自宅でおこなうホームホワイトニングの2種類がありその両方を併用しておこなうことをデュアルホワイトニングといいます。

デュアルホワイトニングは究極のホワイトニングといわれているようにオフィスまたはホーム単独では到達できないレベルまで歯を白くすることができます。

詳しく見る

オフィスホワイトニング

今すぐ白くしたい

オフィスホワイトニングとは歯科医院でおこなうホワイトニングのことをいい、濃度の高い漂白剤(過酸化水素)を歯に塗布した上で、効果を高めるためにライトを照射するのが一般的です。

詳しく見る

ホームホワイトニング

非常に簡単・低価格

歯科医院でマウスピースを作成し、専用薬剤を用いて自宅でホワイトニングをする方法をホームホワイトニングといいます。

詳しく見る

デュアルホワイトニング[DUAL WHITENING]

オフィスホワイトニング[OFFICE WHITENING]

院内で高濃度のホワイトニング剤を歯に塗り、短時間でホワイトニングする方法です。

料金

オフィス ホワイトニング ¥37,000/1回1.5時間(+税)

オフィスホワイトニングの流れ

STEP-1 クリーニング

STEP-2 保護剤

STEP-3 ホワイトニング剤

STEP-4 光照射

STEP-5 完了

ホワイトニング剤の効果

1. 歯が変色した状態

歯の内部の色素が多く、歯が黄色く見えている状態。

2. 歯の内部の色素の分解

歯の内部の色素が多く、歯が黄色く見えている状態。

3. 施術後の白くなった歯

徐々に色素も減り、透明感のある白い歯になった状態。

ホームホワイトニング[HOME WHITENING]

オリジナルのカスタムトレーを使って、ご自宅で簡単に行えるホワイトニング法です。
口腔内の全ての天然歯がホワイトニングの対象となり、透明感を伴う美しい白さが得られます。

ホームホワイトニング 料金
オパレッセンスコース1[まずは上下どちらかでお試しを!]
(トレー上又は下+ホワイトニングジェル1本)
¥15,000/片顎(+税)
オパレッセンスコース2
(上下トレー+ホワイトニングジェル2本)
¥30,000/上下(+税)

ホームホワイトニングの流れ

STEP-1 マウストレー作製

STEP-2 薬剤挿入

STEP-3 装着

STEP-4 ブラッシング

STEP-5 完了

タッチアップホワイトニング[TOUTH UP WHITENING]

ホワイトニングによって得られた美しい白さも、残念ながら効果は永久ではありません。

白さが永続して欲しいという願いを無視するかのように
「ステインの付着」「歯自体の色調の変化」「効果の後戻り」などが治療完了直後から起こり始めます。
また、誰もが、治療完了時に感激した「歯の白さ」が時間の経過と共に目が慣れてしまい、実際の変化よりも遥かに速いスピードで後戻りしたように思い込む傾向にあります。
このような無視できない感覚的あるいは感情的な問題もタッチアップを続ければ回避することができます。

ティオンオフィスホワイトニングの特徴

ティオンは日本の企業が開発した日本生まれのホワイトニングシステム。

一般に日本人のエナメル質は西洋人などと比べると薄く、刺激を受けやすい歯質なので、ホワイトニング剤による痛みをともなうことが多いのです。

そんな日本人のために開発されたのがティオンなのです。ティオン・ホワイトニングは知覚過敏などの有害事象の発生リスクを抑えるために開発されました。

日本人の歯に優しいホワイトニング効果
「可視光応答型光触媒V-CAT(TiO2-xNx)」を応用し、比較的低い過酸化水素濃度のホワイトニング剤でも高いホワイトニング効果を実現。低刺激と高ホワイトニングを両立させた新しいシステムです。

オフィスホワイトニングタッチアップ

ホワイトニングによって得られた美しい白さを維持するためにはタッチアップは欠かせません。
日頃のご自身のケアだけでは黄ばみやすくなる歯の表面の汚れをクリーニングし、Tionにてホワイトニングを行うメニューです。

  • ソルトピーリング
    オフィスホワイトニング
  • 所要時間:約1.5時間
  • 料金:¥15,000〜(+税)

ホームホワイトニングタッチアップ オパレッセンスジェルリフィル

ホームホワイトニング用追加ジェルです。

  • 料金:¥2,000(+税)

その他のホワイトニングメニュー

ガムピーリング

歯ぐきの表面を薬剤やレーザーによりピーリング(剥離)し、血色の良いピンク色の歯肉に改善する治療です。
メラニン色素の沈着による黒ずみに効果的なので、歯ぐきの色が気になる方はぜひご検討ください。

インターナルブリーチ

インターナルブリーチ(パワーブリーチ)は神経がない歯を白くする方法です。
歯の裏に詰めてあるものをはずして、歯の内側にホワイトニング剤を入れて、その場で白くしていきます。
通常のホワイトニングでは白くすることができない神経がない歯でも、パワーブリーチで白くすることができます。
神経がない歯は差し歯しかないと言われた方、ぜひ一度お試しください。