インプラント治療

インプラント治療で、天然歯のような見た目と咬み心地を
インプラント治療によってお口の健康と食べる幸せ、そして笑顔を取り戻しましょう。

 

虫歯や歯周病、不意の事故などによって残念ながら歯を失ってしまった場合、画期的ともいえるのが、インプラント治療です。インプラントとは、チタンでできた人工歯根のこと。
インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋めて固定し、その上部に人工の歯をつける治療法ですので、自分の歯のように噛むことができ、見た目も自然です。ブリッジや入れ歯のように周りの健康な歯に負担をかけることがない点が最大のメリット。
しっかり噛んで美味しく食事ができ、健康に長生きする・・・この目的を達成するために、インプラント治療は、とても優れた治療法です。

当院のインプラント治療の特徴
全身的既往疾患の確認 虚血性心疾患、脳血管障害、糖尿病、喫煙者、骨粗しょう症
確実な術前診断 歯科用CTによる正確な検査・診断
安全・確実・低侵襲な手術 サージカルガイド使用。豊富なオペ実績。熟練の技術。
歯周病治療の徹底 他の天然歯を長く持たせる治療技術
口腔全体のバランス、咬み合わせを重視 欠損部にインプラント埋入だけでは✖
メインテナンスの徹底 インプラントを長持ちさせ、長期口腔機能維持のために。
安心・安全のインプラント治療

インプラント治療では、インプラントを顎の骨に埋め込むとき、からだに負担をかけることになります。正しい位置に正しい角度で埋め込むことができないと、神経や血管を損傷したり、神経麻痺を起したり、腫れやあざなどが生じたりすることがあるのです。
当院では、治療前にしっかり検査を行い、万全の体制でインプラント治療を行っています。手術前にも患者さんがご納得いくまでご説明しますので、どうぞご安心ください。

日進月歩のインプラント治療
①抜歯同時インプラント

img-prevention08_200x150抜歯同時インプラントとは、抜歯と同時にインプラントを埋入する術式のことを指します。抜歯直後は、身体の治癒が早いため傷口が治りやすく、抜歯した穴にすぐインプラントを入れることにより骨の吸収を防ぎます。手術は1回で済むので、負担も軽く、治療期間を非常に短縮化することが可能です。
抜歯同時インプラントは高度で繊細な治療技術を必要としますが、当院では正確な診査、診断の下、多くの施術実績があり、患者様から大変喜ばれております。安心して、ご相談ください。

②ソケットプリザベーション(抜歯窩骨再生法)

ソケットプリザベーションとは、骨の吸収を防止するために、抜歯の時点で人工骨などを「穴」に入れて骨を再生させる方法です。
抜歯すると、歯があった場所に「穴」があきます。この「穴」を抜歯窩と言います。抜歯窩は、時間とともに周りの骨の吸収が進み、痩せて薄くなってしまいます。そうなってしまうと、インプラントを埋め込むことが難しくなるため、骨再生治療を行います。骨が痩せて薄くなる前に処置をしておく方が負担が少なくてすみます。

ソケットプリザベーション(抜歯窩骨再生法)
ソケットプリザベーション

抜歯

ソケットプリザベーション

抜歯窩といわれる穴ができる

ソケットプリザベーション

人工骨で吸収を抑え治療を早くする

③骨量を増やす処置と組み合わせて治療

インプラント治療では、インプラントを埋め込むためにじゅうぶんな顎の骨が必要になります。したがって場合によっては「骨の量が足りない」という理由で、インプラント治療できない場合もあるのです。
当院では、骨の量を増やしながらインプラント治療を行うという方法もとっています。ほかの歯科医院で、骨量不足のためにインプラント治療を断られた方も、一度ご相談ください。インプラント治療を可能にするための治療計画をご提案いたします。

ソケットリフト法
ソケットリフト法
ソケットリフト法
ソケットリフト法

上顎の骨の厚みが4~10mmの方を対象に行われる方法です。上顎の骨の上にある空洞を押し上げて、そこに骨の補てん剤を注入します。歯肉を切開しないので、術後の痛みや腫れが少なくてすみます。

サイナスリフト法
サイナスリフト法
サイナスリフト法
サイナスリフト法

上顎の骨の厚みが1~5mmの方を対象に行われる方法です。上顎の骨の上にある空洞の底部を持ち上げて、そこに骨の補てん剤を注入します。骨量を確保できてからインプラントを埋め込みます。

GBR法
GBR法
GBR法
GBR法

顎の骨が薄いところに「メンブレン」という特殊な膜を置き、骨の補てん剤やからだの別のところで採取した骨を注入して骨量を確保します。歯周病治療にも用いられる方法です。

インプラント周囲炎にならないために、メンテナンスの徹底を
インプラントは人工物なので、天然歯のように虫歯になることはありません。しかし、インプラントが埋め込まれた歯ぐきや顎の骨はケアを怠ると「インプラント周囲炎」という歯周病に似た症状を引き起こすことがあります。
インプラント周囲炎は、インプラント周辺の歯肉に炎症が起こり、インプラントを支える歯ぐきが弱り、顎の骨が少しずつ溶かされてしまう病気です。最悪の場合には、せっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまうケースも。インプラントは周辺の組織の抵抗力が弱いため、インプラント周囲炎になってしまうと天然歯に起こる歯周病よりも進行が早く、重症化しやすいと言われています。
インプラントを長持ちさせるには、天然歯と同様、もしくはそれ以上に丁寧なケアを行わなくてはなりません。そのため定期的に歯医者へ通い、ケアを行うことが大切です。当院ではインプラント治療後のメンテナンス・クリーニングに対応しております。安心してインプラント治療を、ぜひご利用ください。

インプラントレスキュー

「他院でインプラントを入れたのですが・・・」とインプラントの不具合を訴えられてのご来院が増加しております。

このような症状でお困りの方は、ご相談ください。
  • インプラント上部の補綴物が動いてきた。
  • インプラント周囲の歯茎が腫れている。
  • インプラントを入れたが、見かけが悪い。
  • インプラント治療後、メインテナンスに行けていない。

インプラント体そのものが予後不良で撤去を余儀なくされる症例も見られますが、補綴的なトラブルの場合、可能な限り口腔内のインプラントを保存し、再利用してレスキュー、リカバリーを試みます。インプラント周囲炎、上顎洞炎においては、病原菌の感染が大きく関与していますが、炎症の急性化には咬み合わせ等の物理的作用も関与していることが多くあります。折角受けられたインプラント治療、口腔の危機を救うための最善策を考えます。早急にご相談ください。