スマホ時ボタン:電話番号へのリンク

スマホ時ボタン:電話番号へのリンク

スマホ時ボタン:電話番号へのリンク

一般歯科治療

少しでもお口に「痛い」「しみる」といった症状があったら
すぐに 治療が必要です。

歯が「痛い」、冷たいものや甘いものが「しみる」といった症状が認められたら、虫歯が疑われます。歯科医師による処置が必要となるため、できるだけ早期に歯科医院を受診しましょう。虫歯は自然に症状が改善することはなく、放置すればするほど、病状が進行します。その結果、失う歯質の量が増えていきます。さらには、治療にかかる手間や時間、患者さまの心身への負担も増加することから、虫歯を放置するリスクは極めて大きく、早期発見・早期治療が最善といえます。政久歯科醫院では、限りなく無痛に近い、やさしい歯科治療に取り組んでおります。歯科治療に強い恐怖がある方でも安心して施術を受けることができますので、不安な方はお気軽に当院までご相談ください。

 虫歯ができる3つの原因とは?

虫歯は、次に挙げる3つの要因が組み合わさることで発症します。

口腔内の虫歯菌と糖分

虫歯の根本的な原因は「虫歯菌」です。ミュータンス菌に代表される虫歯菌がお口の中の糖分を栄養素として「酸」を産生します。その「酸」が歯質を溶かすことで虫歯を発症します。

生まれ持った歯質

私たちの歯には酸刺激に抵抗する「耐酸性能(たいさんせいのう)」というものが存在します。耐酸性能は、人それぞれで異なり、生まれ持った歯質ということと同義です。歯の耐酸性能が低い人は、それだけ虫歯にかかるリスクも上昇します。

歯磨きのタイミング

虫歯菌はプラーク(歯垢)の中で繁殖します。プラークは食後30分を経過すると作られ始めることから、それ以前に歯磨きすることで、虫歯菌が繁殖する場を少なくすることができます。毎食後30分以内に歯磨きするのが難しい場合は、うがいで食べかすなどを洗い流すだけでも行うように心がけましょう。

 虫歯の進行段階と治療法

C0
[初期の虫歯]

画像:虫歯の歯イメージ

症状

初期の虫歯で、歯の表面に穴はあいていません。白いシミのような異常が認められますが自覚症状はありません。

治療法

この段階では、歯を削る必要はありません。フッ素塗布で歯の再石灰化を促します。丁寧な歯磨きを心がけることで、虫歯の進行を止めることができ改善されます。

C1
[エナメル質の虫歯]

画像:虫歯の歯イメージ

症状

歯の表面のエナメル質に比較的浅い穴が生じます。虫歯菌の「酸」によって歯質が溶かされ始め、冷たいものがしみる状態になります。

治療法

虫歯菌に侵された歯質を削り、歯科用プラスチックであるコンポジットレジンを充填します。

C2
[象牙質に達した虫歯]

画像:虫歯の歯イメージ

症状

エナメル質を越えて象牙質まで達した虫歯です。冷たいものだけではなく、甘いものでも歯がしみる状態まで虫歯が進行します。患部が黒や茶色に変色します。

治療法

虫歯菌に侵された歯質を削ります。進行が進み、C1よりも患部が大きいため、レジン充填では治療が難しいこともあります。その場合は、印象をとってインレー(詰め物)を作製し、欠損部を補います。

C3
[神経に達した虫歯]

画像:虫歯の歯イメージ

症状

歯の神経まで感染が広がっている状態です。安静時にもズキズキと強い痛みが生じるようになります。

治療法

虫歯菌に侵された歯質や神経、血管を取り除きます。その後は、歯の根の治療である根管治療を実施して、最終的にはクラウン(被せ物)を装着します。

C4
[歯根に達した虫歯]

画像:虫歯の歯イメージ

症状

歯冠が崩壊するほど重症化した虫歯です。歯の神経は死んでいるのは、痛みも消失しています。ただし、虫歯は治っていないので、何もせず放置すると、歯根に膿がたまってきます。その結果、再び激しい痛みを伴うようになります。

治療法

C4まで虫歯が進行すると、治療して歯を保存することが難しくなります。残念ながら抜歯を選択せざるを得ないケースがほとんどです。抜歯後は、ブリッジや入れ歯、インプラントなどで欠損部を補います。

虫歯予防は毎日の歯磨き習慣とプロフェッショナルチェックが大切です

虫歯予防で最も重要なのは、患者さまご自身による毎日の歯磨きです。毎日の歯磨きをしっかりと行い、お口の状態を清潔に保つことができれば虫歯はもちろん、お口の様々な病気を予防することができます。正しい歯磨きの方法を身に付け、毎日のオーラルケアで実践しましょう。毎食後30分以内に歯磨きすることで、お口の中を常に清潔に保つことが可能となります。就寝中は、唾液の分泌量が低下することから、唾液による浄化作用が働きにくく虫歯になりやすい環境になります。就寝前の歯磨きは特に念入りに行うよう心掛けてください。ただ、セルフケアでは取り除くことができない汚れもあります。歯石やバイオフィルムは、スケーリングやPMTCといったプロフェッショナルケアでなければ、きれいに取り除くことができませんので、歯科医師・歯科衛生士による検診を定期的に受診することをおすすめします。歯科の定期検診では、歯のクリーニングはもちろん、虫歯のチェックやブラッシング指導、予防処置なども受けることができます。

知覚過敏[HYPERSENSITIVE DENTIN]

「歯がしみる」という症状が現れるのは、虫歯だけではありません。「象牙質知覚過敏症」という病気も「歯がしみる」症状が疑われます。いわゆる知覚過敏は、歯の表面のエナメル質がすり減ったり、欠けたりすることが原因で生じる異常です。むき出しとなった象牙質に直接刺激が伝わり、「しみる」という症状を引き起こすのです。そんな知覚過敏の症状は、歯科医院で適切な処置を受けることで改善します。

 知覚過敏の原因と治療

○知覚過敏の原因知覚過敏の主な原因は、歯ぎしりや強圧での歯磨きです。エナメル質に対して、強い圧力がかかることで、歯質の摩耗や欠損が生じ、すぐ下に存在している象牙質が表面に露出します。象牙質には、歯の神経が一部入り込んでいるので、直接刺激を感じる状態となり、冷たいものがしみるようになります。知覚過敏があると、痛みを避けるために歯磨きがしっかり行えなくなり、虫歯や歯周病のリスクが上昇します。

○知覚過敏の治療法知覚過敏の治療法は以下の通りです。

・歯科医師・ 歯科衛生による歯磨き指導受ける

・知覚過敏専用の歯磨きを使用する

・歯ぎしりの治療を受ける(スプリント療法)

スプリント療法とは、就寝中にマウスピースを装着して歯ぎしりによる悪影響を緩和する治療法です。歯ぎしりによる歯の摩耗も軽減されるため、知覚過敏の症状を和らげることにも繋がります。マウスピースは保険診療で作製できますので、まずはお気軽にご相談ください。

根管治療[ROOT CANAL]

○根管治療とは?

根管治療とは、重症化した状態の虫歯に適応される治療法です。虫歯菌に侵された神経を抜き取り、歯の根っこの中をきれいにお掃除します。根管内を無菌化することができれば、歯を抜かずに患者様の大切な歯を保存することも可能となります。歯を抜くと、歯並びやかみ合わせの乱れを招いたり、顎の骨が痩せていったりと、お口ひいては全身の健康にさまざまな悪影響が広範囲に及びます。それだけに、根管治療に取り組み、成功させる意義は極めて大きいといえるのです。

○マイクロスコープによる「精密根管治療」

根管内は、狭くて複雑な形状を呈しており、歯科医師による極めて精密な処置が求められます。そこで当院では、肉眼の20倍程度まで視野を拡大できるマイクロスコープを導入しております。肉眼では本来、確認することが不可能な口腔内の細部まで視野が拡大されることで、疾患の摂り残しも大幅に減少します。そんな「精密根管治療」をお望みの方は、ぜひ当院までご相談ください。(精密根管治療は自費診療となります)

根管治療の流れ

STEP1

画像:虫歯の歯イメージ

汚染された部分の除去虫歯菌に侵された歯質や歯髄、歯周組織を専用の器具で取り除きます。

STEP2

画像:虫歯の歯イメージ

根管内部の洗浄・消毒虫 歯菌が残存しないよう、根管内を洗浄・消毒します。

STEP3

画像:虫歯の歯イメージ

薬剤の充填 虫歯菌が再び繁殖するのを防ぐために、薬剤を根管内へと充填することで、虫歯菌が再び繁殖するのを防ぐ効果が期待できます。薬剤はすき間なく詰め込むことが重要なので、施術後、歯科用CTによる内部の確認も行います。

STEP4

画像:虫歯の歯イメージ

土台づくり被せ物の土台となる「コア(芯)」を立てます。

STEP5

画像:虫歯の歯イメージ

被せ物の取り付け土台に被せ物を装着して、治療は完了です。かみ合わせに異常があれば、調整を行います。

 

○当院のマイクロスコープ

政久歯科醫院では、カールツァイス社のマイクロスコープを導入しております。FHDカメラが内臓されており、術中の様子も高精度な映像で確認することができます。