入れ歯治療

入れ歯治療
快適な入れ歯で食べる喜びと人生の幸せをかみしめましょう

歯を失い、入れ歯(義歯)をしている人はたくさんいらっしゃいます。その数に比例して「入れ歯をすると痛い」「違和感がある」というお悩みも多く聞きます。合わない入れ歯では思うように食事ができないため、健康を害するきっかけになります。最近は歯を失った場合の治療法として、インプラント治療が増えているため、入れ歯治療の得意な歯科医師と歯科技工士が減っているという現実もあります。 当院では、精密な入れ歯治療を受けられ、メインテナンスを続けながら、長年にわたり快適な入れ歯ライフを満喫している患者様がたくさんいらっしゃいます。

合わない入れ歯を我慢していませんか?美味しく食べることをあきらめていませんか?

政久歯科醫院では、患者様お一人おひとりに合った入れ歯をご提供できるよう、高度な医学知識、信頼の治療技術で、熟練の歯科技工士とともに、精密できちんと咬める入れ歯を作成し、多くの患者様にお喜びいただいております。より快適で精密なオーダーメイド型の入れ歯は自由診療になりますが、保険診療の入れ歯にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

当院の入れ歯治療の特徴

  • 丁寧なカウンセリングと治療前診査、診断による治療計画、オーダーメイド設計
  • 歯周病治療の徹底
  • 時間をかけた、精度の高い型取り:入れ歯の型取りは経験と高度な技術を要します。
  • 高品質な入れ歯を作成できる優秀な歯科技工士との連携
  • 咬み合わせ治療の徹底
  • プロヴィジョナルレストレーションによる調整・トレーニング
  • 治療後のメインテナンスの徹底

より快適に。高性能入れ歯

画像:高性能入れ歯

金属床義歯(自費)

義歯床を金属材料で製作した入れ歯です。メタルは丈夫で壊れにくいことから、義歯床を薄く仕上げることができます。レジン床義歯と比べると、装着時の違和感が小さいのが特徴です。また、熱伝導率の高い材料なので、食べ物の熱が伝わりやすいです。その結果、料理の味だけではなく、温度まで楽しめるようになります。

ゴールド床義歯

ゴールド(金)を使った入れ歯です。ゴールドは金属であるにも関わらず、金属アレルギーのリスクが小さいというメリットがあります。光を反射しやすく、口腔内が明るく見えるのもゴールドの利点のひとつです。

チタン床義歯

インプラントにも用いられる金属で、アレルギーのリスクが限りなくゼロに近い材料です。その他の金属と比べて軽く、金属床義歯の中で最も薄く仕上げることが可能です。

コバルトクロム床義歯

金属床義歯の代名詞ともいえる材料です。レジン床義歯の3分の1程度まで薄くできるものの、その他の金属床義歯と比べると、アレルギーのリスクは高くなります。材料費は3つの中で最も安価です。

画像:コバルトクロム床義歯

マグネットデンチャー

磁石を使った入れ歯です。歯根と入れ歯に磁石を埋め込むことで、強力な磁力により、ガタつきなく抜群のフィット感を得られます。今現在お使いの入れ歯をそのまま活用することもできます。また、埋入するインプラントの本数を抑えられることから、患者さまの負担を大幅に軽減できるという利点がございます。

画像:マグネットデンチャー

無口蓋デンチャー

口蓋(こうがい)とは、口腔の天井の部分に当たります。保険診療の総入れ歯では、口蓋の部分がすべてレジンによって被覆されており、異物感が大きくなる原因にもなっています。無口蓋デンチャーでは、文字通り口蓋の部分に床が存在していないので、装着時の違和感が小さいです。口蓋には味覚を担う味細胞も存在しているため、無口蓋にすることで食事が美味しくなることもあります。ただし、精密に作らなければ、粘膜との吸着力が低下し、入れ歯が外れやすくなります。

画像:無口蓋デンチャー

インプラントデンチャー

入れ歯をしっかりと固定することができるインプラント義歯は、噛み心地が最も天然歯に近い入れ歯といえます。装着時の異物感も少なく、見た目も美しく仕上げることが可能です。数本のインプラントに、インプラント用の入れ歯(取り外し式)を固定する方法で、インプラントの上にボール型やバー型の連結装置を設置でき、ズレたり外れたりするトラブルも起こりにくいのが特徴です。

入れ歯には寿命があります

入れ歯の大部分を構成しているのは「レジン」と呼ばれるプラスチックです。レジンは、使い続けていく中ですり減ったり、変質や変色が起こったりします。こういった経年的な劣化は避けることができません。そのため、入れ歯にも寿命があり、早ければ2~3年で再製作を余儀なくされます。寿命を迎えた入れ歯を使い続けると、装置の故障を招くだけでなく、お口の粘膜や顎の骨にさまざまなトラブルを引き起こすことがあるため注意しましょう。

入れ歯以外の治療法との比較

入れ歯

画像:入れ歯

特徴・メリット
  • 比較的安い
  • 手術をしなくて済む
  • 歯をほとんど削らない
  • 着脱が可能
  • お手入れしやすい
  • 製作にかかる期間が短い
問題点
  • 支台歯に大きな負担がかかる
  • 違和感が大きい
  • 骨が痩せやすい
  • 再製作が必要になる

 

ブリッジ

失った部位の両隣の歯を削り、義歯のブリッジをかぶせて固定する方法

画像:ブリッジ

特徴・メリット
  • 見た目が比較的美しい
  • 咬み合わせを回復することができる
問題点
  • 支台歯を大きく削らなければならない
  • 支台歯となる健康な歯がないと治療できない
  • 適応症が限られる

インプラント

歯のない部分にのみ人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、歯(歯冠を取り付ける方法)

画像:インプラント

特徴・メリット
  • 見た目が極めて美しい
  • 顎が痩せない
  • 歯を削る必要がない
  • 寿命が長い
問題点
  • 費用が比較的高い
  • インプラントオペが必要
  • 固定式の装置である
  • 治療期間が長い

インプラントへ

入れ歯は、もはやあなたの体の一部です。自分に合った入れ歯とともに、いつまでも快適な生活を送れるよう、日頃から入れ歯を大切に扱うことが大切です。