月別アーカイブ: 2023年5月

痛くない歯医者 〜麻酔について〜

「何歳になっても注射は怖い…」
「麻酔…痛かったらどうしよう」
「不安や恐怖で手汗が…!」

なんて経験はありませんか?

もしも、歯科治療で受ける
麻酔が痛くなかったらどうでしょうか?

今回は、進化している
政久歯科醫院の『麻酔』について
ご紹介します。

ー-----------------
目次

1.歯科での麻酔について
2.痛い軽減の方法
3.麻酔を受ける時の注意点
4.番外編・局所麻酔以外の麻酔方法
~全身麻酔と静脈内鎮静~
5.まとめ

ー-----------------

1.歯科での麻酔について

あなたは歯科医院での麻酔の経験はありますか?

歯科医院でよく使われる麻酔は局所麻酔と言い、
部分的に痛みをとることができます。

痛みをとるだけでなく、
血管を収縮させてくれる作用も含まれており、
血を止めるのにも役立ちます。

また、脈が早くなる効果もあるため
麻酔の直後に
心臓がどきどきすると感じる方もおられます。

処置前に緊張して
どきどきしていると感じていたのは
もしかすると麻酔の影響もあったのかもしれません。

治療中の痛みを感じないように使用する
局所麻酔ですが、
これまで局所麻酔で痛い思いを経験された方は
たくさんおられるのではないでしょうか。

局所麻酔の痛み軽減の方法はいくつかあります。
ここからはその方法についてご紹介します。

2.痛み軽減の方法

①表面麻酔

麻酔を打つ時の痛みを軽減するための方法の一つに
表面麻酔があります。

針を入れる部分に表面麻酔を塗布して
しびれさせてから局所麻酔を行います。
そうすることで
随分痛みが楽になるという患者様も
いらっしゃいます。

②電動注射器の使用

実は、麻酔については注入速度が
遅ければ遅いほど
注入時の痛みが少なくなります。

政久歯科醫院では麻酔時の痛み軽減対策として
手動ではなく、スピードを調節できる
電動の注射器を使用しています。

スピードをゆっくり・一定に保つことで
麻酔時の痛み・負担を軽減することができます。

実際に、手動・電動 両方の麻酔を
受けたことがあるスタッフは
電動麻酔時の方が痛みを感じなかったと言います。

 

③注射針の細さの変化

そしてもう一つ、注射心の細さです。
局所麻酔で使用する注射針は
どんどん細くなっています

太い針・細い針でくらべると
やはり細ければ細い方が
麻酔を打つ時の痛みを軽減することが出来ます。

政久歯科醫院では、一番細い注射針を
使用することによって麻酔時の痛み対策をしています。

このように、
表面麻酔・電動注射器・細い注射針などを利用することで
局所麻酔での痛みをより軽減します。

3.麻酔を受ける時の注意点

ここからは局所麻酔を受ける時の注意点について
説明いたします。

①アレルギー

まずは、麻酔薬のアレルギーです。
重篤なものにアナフィラキシーショックがあります。

初めて使うお薬では
どれでも起こる可能性があるものです。

ただし、麻酔薬によるアレルギーの頻度は極めて低く
急激な症状とともに速やかな処置を必要とする
アナフィラキシーショックは1%程度とされています。

しかし、起きてしまうと
命に関わるものであるため注意が必要です。

②血管迷走神経反射

血管迷走神経反射という言葉を
聞かれたことはあるでしょうか。

歯科治療、特に麻酔の注射に対する
恐怖心や不安感、緊張などの
精神的なストレスが背景にあり、
局所麻酔注射をはじめとする
強い痛み刺激が相まって
迷走神経反射が起きてしまうことがあります。

迷走神経反射の症状としては、
脈が遅くなったり、血圧の低下、気分不快、
意識の混濁・消失、嘔気・嘔吐など多彩です。

このような症状が
局所麻酔注射などの痛み刺激の直後に
発生する可能性があります。

このような経験のある方では、
この後の番外編でご紹介する
静脈内鎮静下での処置などの方法があるため
ご相談ください。

 

③過換気症候群(過呼吸)

次に過換気症候群、いわゆる過呼吸です。
こちらも歯科治療による
不安や緊張感、痛み刺激などが原因となって
突然発症します。

女性に多く、男性の2倍と言われています。

症状としては、
普通は1分間に20回未満の呼吸数が30回以上になり、
苦しい、胸が痛い、手足がしびれる、
息ができないなどの症状を訴えられます。

さらに全身疾患を悪化させる可能性もあります。
高血圧や不整脈、狭心症、心筋梗塞、
甲状腺機能亢進症の既往のある方は
歯科治療を行う前に歯科医師に知らせておくのが
良いでしょう。

また、過去の歯科治療の中で
アレルギー・迷走神経反射・過呼吸の経験がある方は
初診時のカウンセリングなど、治療の前に
歯科医師・歯科衛生士を始め醫院のスタッフに
お知らせください。

4.番外編・局所麻酔以外の麻酔方法
~全身麻酔と静脈内鎮静~

ここまで局所麻酔について説明しましたが、
他に全身麻酔と静脈内鎮静というものがあります。

まずは全身麻酔について説明させていただきます。
全身麻酔とは治療を行う際に
完全に意識のない状態で行える方法です。

長時間の手術や歯科治療が苦手な方であったり、
診療台にじっとしておくことが出来ないけれど
治療の必要性がある小児に用いたりします。

ただし、身体の機能が全て寝てしまい
自分で呼吸することもできなくなるため
気管挿管という気管にチューブを入れて
呼吸を管理する必要があります。

また、処置の前に
心電図やレントゲン検査、採血などの
術前検査が必要です。

歯科治療では親知らずを同時に
複数本抜歯する場合などで
時間がかかると予想された場合などで
用いられることが多く
患者さんは眠っている間に処置が終わってしまうので
負担が少なくてすみます。

ただし、術後の痛みや腫れなどは
局所麻酔で行った場合と同様に生じます。

処置自体は1日で終了しますので
仕事がなかなか休めないため
1日で親知らず4本を全て抜いてしまいたい
という方などにはうってつけかもしれません。

 

次に静脈内鎮静について説明します。
静脈内鎮静とは全身麻酔と違い
患者さん自身で呼吸ができ、
呼びかけると反応できる程度で意識を維持する麻酔です。

恐怖心や不安・緊張感を最小限に抑制することができ、
歯科治療に抵抗のある方でも
治療がスムーズにできることが多いです。

また、嘔吐反射のある方
(歯科治療中器具がお口に入るだけで
えずいてしまう・吐き気がする方)でも
問題なく治療を行う手助けとなります。

こちらの方法は
一般的な虫歯の治療の時などに
利用することもできるため、
これまで恐怖心や不安があり
歯科治療を断念されていた方は
検討してみるのもいいかもしれません。

静脈内沈静につきましては当院内にて対応させていただきます。

5.まとめ

いかがでしたか?

今回は治療中の痛みを感じさせない方法として
麻酔についてご紹介しました。

過去の経験から「歯科治療は痛い・怖い」
というイメージをもたれている方も
まだまだ多いかと思います。

ですが、表面麻酔・電動注射器・針の細さなど
歯科もどんどんと進歩して
痛みを感じにくくなっています。

そして、何より政久歯科醫院では
物理的な対処だけではなく
ミラーの入れ方や声がけ
快適に過ごしていただける環境づくりなど
様々な視点で
治療や麻酔の痛みが怖く
なかなか受診までの一歩が
踏み出せない方にも
安心して歯科治療を受けていただけるよう
対策しています。

今後も、より快適に診療をうけていただけるよう
努めてまいります。

政久歯科醫院では、
まず初めにお話を聴く時間を頂いています。
もしも歯の痛みや歯茎の腫れ
口の困りごとがあるけれど
「怖くて歯医者に行けていない…」
という方は、一度治療相談をしてみませんか?

ネットからのご予約はこちら

電話でのご予約は
(086)234-5255
をご利用ください。

 

その他
『歯医者さんに訊いてみたいこと』
『ずっと気になっていたこと』などあれば
歯科医師に質問しブログにて投稿いたします。

ぜひ、コメント欄に

ご意見やリクエストなどお寄せ下さい

今回も、最後までお読みくださり

ありがとうございました。

ー-----------------

なかなか歯の痛みの原因は!?
と疑問を感じている方にこちらの記事もオススメ
↓↓

なかなか治らない歯の痛み

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

医療法人社団BLISS 政久歯科醫院
岡山市北区表町1-5-1シンフォニービル2階
(086)234-5255

~~~~~~~~~~~~~~~~~~